最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 12日に栗東・藤沢則厩舎へ戻りました。☆シルクレグルス | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

2012年5月15日 (火)

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_3 ロードクラヴィウス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン16~18秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク2000m→キャンター3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「背中の感触は上々。素質を秘めるのは確かだと思います。一方で、まだまだ馬体は良化の余地を多分に残す印象。じっくり焦らずに進めるのがベターかも知れません。管理予定の安田先生は定期的に来場。現状は把握して下さっているはずですよ」

Photo_3 ロードシュプリーム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン16~18秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク2000m→キャンター3000m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「体力レベルは十分。以前にも増して備わった印象です。同期で上位の評価を与えられるのでは・・・。脚元を含めて何ら不安は見当たりません。また、稽古での走り等を見ると早い時期から動けそう。このリズムを保ちながら更なる上昇を望みたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

三石軽種馬共同育成センターでの調教もメニューに加えられました。短い時間ですが、輸送への慣れの練習でもあります。

クラヴィウスは素質を認めてもらっていますが、秋以降の入厩というのは変わらないでしょう。じっくり心身の成長を促しながら、上を目指せる素材になっていってもらいたいです。

シュプリームは体力がついてきて、しっかりした動きが出来るようになってきているようです。それでも大型馬なので、脚元へのケアは入念に施してもらいたいです。

« 12日に栗東・藤沢則厩舎へ戻りました。☆シルクレグルス | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードクラヴィウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12日に栗東・藤沢則厩舎へ戻りました。☆シルクレグルス | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・北海道組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ