2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.260 | トップページ | 距離延長で気分良く走ることが出来れば…。次に繋がるキッカケを掴みたい。★アンビータブル »

2012年5月 5日 (土)

ようやく出走態勢が整う。去勢馬だけに実戦でどれだけ真面目に走ってくれるか…。☆シルクベルジュール

Photo_3 シルクベルジュール(セ・飯田雄)父アドマイヤコジーン チェリッシュレディ

京都5R 3歳未勝利(芝1800m) 4枠6番 太宰J

入厩後はじっくり調整を進め、ゲート試験合格後は坂路中心に精力的に時計を出すと、今週のデビューを決めており、調教師は「ここまでしっかり追い切りの数もこなして、今週は芝の感触を確かめるために本馬場で併せてやってみました。少しテンがゆっくり入ってしまったために、全体の時計が遅くなってしまいましたが、特に物見もしなかったし、芝の走りも良かったので、感触を確かめるには丁度良い追い切りが出来たと思います。ゆったりした距離も合っていると思うし、ここまで順調に追い切りもこなせたので、良い仕上がりでデビュー出来ると思います。使っている馬との差は出てしまうかも知れませんが、使いつつ覚えてくれると思うので、内容のある競馬をしてくれればと思っています」と話しています。(出走情報)

3回京都6日目(5月6日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル(右・外回り)混合、指定、馬齢 発走12:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クリノビーム セ3 53.0 菱田裕二
2 2 ダノンドリーム 牡3 56.0 国分優作
3 3 キッピス 牝3 54.0 小林徹弥
3 4 マルケサス 牡3 56.0 和田竜二
4 5 サンライズクラウド 牡3 56.0 佐藤哲三
4 6 シルクベルジュール セ3 56.0 太宰啓介
5 7 スマートアスター 牡3 56.0 石橋守
5 8 スケルツァンド 牡3 53.0 中井裕二
6 9 カリブストーリー 牝3 54.0 藤田伸二
6 10 キリシマハッピー 牝3 54.0 渡辺薫彦
7 11 ロードアーク 牡3 56.0 鮫島良太
7 12 ストレートラブ 牝3 54.0 石橋脩
8 13 ツルミラトラーター 牡3 56.0 川島信二
8 14 インステイト 牡3 56.0 武幸四郎

○飯田雄師 「徐々に腰がしっかりしてきている。初戦はどうかだが、いずれは走ってきそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

好きな母系であること、馬の形が気に入ったということで出資したシルクベルジュール。育成当初から幼い気性が目立ち、脚元の状態も疲れから良化がスローな日々が続きました。そして2歳9月になって、調教中に馬っ気を出したり、集中力を欠く動き、些細なことに敏感に反応するということで去勢手術が施されました。我が厩舎、最初のセン馬の誕生です(苦笑)。

それからまもなくして、天栄HPがノーザンに買収されることに。その後もなかなかペースが戻ってきませんでしたが、しっかり立て直す意味でトレッドミルへ移行。1ヶ月半くらいこのメニューで進められました。ただ、その効果がハッキリしないまま、手探りで騎乗運動を再開。この時はダメかなあと思いましたが、その後は意外にも順調に進みました。後から見ると、立て直した効果があったんでしょう。

厩舎に移動してきたのが3歳の2月。それから3ヶ月後のデビューとなりました。シルクでは初めての預託先ですが、腰・トモがしっかりしていない馬ということもあり、時間を掛けて鍛えてくれました。体質の弱い馬ですが、入厩後は大きなトラブルがなかったのが何よりです。稽古でも徐々に動けるようになってきて、先に1勝を挙げてくれたラングレー、アポロンと同等、それ以上に良い時計を出しています。

配合から同牧場のマジンプロスパーのようなイメージを持っていたので、芝1800でのデビューはちょっと意外でした。ダノンドリーム、インステント、マルケサスなど評判馬が顔を揃えています。稽古でソコソコ動いていても、去勢している馬だけに、パドックでの落ち着き、レースでの集中力といざ実戦を経験してみないと分からない部分が多いです。

ここは次に繋がる走り、掲示板確保を目指して、無事に回ってきてもらいたいです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.260 | トップページ | 距離延長で気分良く走ることが出来れば…。次に繋がるキッカケを掴みたい。★アンビータブル »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクベルジュール」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

焼魚定食さんは渋いお馬さんにも出資していて、最近、勝ち上がっていますね。

シルクベルジュールもいいレースができる、といいですね。

ノーザンファームのかかわった今年2歳馬。POG本で、もっと取り上げられるかと思ってました。

掲載馬は、取材側が選ぶというより、取材先が選ぶパターンと思います。

結局、ジューブルエールが少し、取り上げられたぐらいですね。

ラトーナとフラムドグロワールはそれほど期待されてはいなかったが、動かしてみたら予想以上に動いたのかもしれません。

まぁ、POG本に取り上げられなくても走る馬はたくさんいますが。

ぷーさん、こんにちは
3歳になって、ポツポツと勝ってくれる馬が増えてきました。ただ、未出走の馬が2クラブで3頭残っているので、1頭でも遅れてきた大物であることを願っています。

紹介される馬は調教が進んでいて、牧場サイドからのプッシュというような感じでしょうね。あとはやはり良血やセレクトセールで高額で取引された馬たち。厩舎によっては、紹介されることを好まないところもありますが。

ラトーナは募集馬説明会の時から、プッシュされていたようですね。

ひと夏越して、動きも変わってくるでしょうから、デビューしてみないと分からない部分も多々あるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.260 | トップページ | 距離延長で気分良く走ることが出来れば…。次に繋がるキッカケを掴みたい。★アンビータブル »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ