最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.264 | トップページ | ゴール前で急追も、直線でスムーズに捌けず4着まで。☆シルクドリーマー »

2012年5月27日 (日)

東京優駿(日本ダービー)予想

第2回東京12日目(5月27日) 
10R 東京優駿(G1)
サラ 芝2400メートル 国際、牡・牝、指定、定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 スピルバーグ    牡3 57.0  横山典
1 2 ヒストリカル    牡3 57.0  安 藤
2 3 ゼロス       牡3 57.0  川 田
2 4 ジャスタウェイ   牡3 57.0  秋 山
3 5 ベールドインパクト 牡3 57.0  藤岡佑
3 6 ゴールドシップ   牡3 57.0  内 田
4 7 コスモオオゾラ   牡3 57.0  柴田大
4 8 ワールドエース   牡3 57.0  福 永
5 9 エタンダール    牡3 57.0  松 岡
5 10 ディープブリランテ 牡3 57.0  岩 田
6 11 フェノーメノ    牡3 57.0  蛯 名
6 12 トリップ      牡3 57.0  田 辺
7 13 クラレント     牡3 57.0  小 牧
7 14 トーセンホマレボシ 牡3 57.0  ウィリアムズ
7 15 ブライトライン   牡3 57.0  佐 藤
8 16 モンストール    牡3 57.0  柴田善
8 17 グランデッツァ   牡3 57.0  池 添
8 18 アルフレード    牡3 57.0  武 豊

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◎ワールドエース、○ヒストリカル、▲ゴールドシップ、△トーセンホマレボシ、×エタンダール、×グランデッツァ、×ディープブリランテ

週明けはゴールドシップとワールドエースの一騎打ちかなと思っていましたが、負かすだけの決め手を秘めているヒストリカルも加えたいと思います。個人的には三つ巴の1戦です。

展開はゼロスの単騎逃げですが、スローよりはほどよく流れると思います。今の東京コースだと時計も速いですし、切れを要求される馬場。Cコースになりましたが、差しが十分届くかと思います。

瞬発力と能力の高さはやはりワールドエース。父は躓いても皐月賞を勝ちましたが、東京で更に圧巻のパフォーマンスを見せました。1番良く似ている息子だけに、デビュー最高のパフォーマンスを見せる可能性が大です。これで距離が2000ならかなり信頼できると思います。400メートルの距離延長とちょっと攻め過程が手緩いのが嫌ですが、凡走はしないと思います。あとは福永Jがどう御すかも見どころ。スペシャルウィークが勝ったダービーを生観戦しましたが、キングヘイローに跨っていた福永Jの真っ白の顔は今でも憶えています。昨年、JRAリーディングを獲得して、時期は熟したとは思います。

きさらぎ賞ではワールドエースに遅れを取りましたが、それでも力を証明したヒストリカル。毎日杯の勝ちっぷりも見事の一言。消耗度を考えて、ここ1本に照準を合わせてきたのは好感。前走からどこまで成長しているか…。追い切りも2週連続でしっかり攻めて臨んできました。課題は初めての長距離輸送で馬体重とパドックでの落ち着き。距離延長もピッチが利いた走法から歓迎材料ではないのですが、ダービーを勝っていて、こういう舞台で無類の力を発揮する鞍上は魅力。今日はダービーしか乗らないようですし、渾身の手綱捌きを期待。

皐月賞を制覇して2冠がかかるゴールドシップ。距離延長はもってこいですが、東京コースでの切れ味勝負になるとどうか…。父ステイゴールドよりも母父メジロマックイーンがそのまま出た感じの馬。マックイーンも道悪は抜群に巧かったです。そんなマックイーンがG1で馬券を外したのがジャパンカップ。そういうのがちょっとダブってしまいます。今回はワールドエースよりも1歩2歩先に仕掛けて、なおかつ抜け出しても真面目に走って、どこまで粘れるか。あと気になるのが、先週目一杯やっているとはいえ、今週の稽古が軽すぎるのが…。土曜日発行のブックで金曜日の朝の気配が地味だったというのも。ピークを1週前にもって行ってしまってないと良いのですが…。

前走の京都新聞杯でレコード勝ちしたトーセンホマレボシ。その反動はあったでしょうが、今週の稽古を見る限り、うまく調整できていると思います。大寒桜賞を勝って、一息入れられたのが良い方に出ていると思います。トモの踏み込みが甘い馬ですが、前走は以前よりだいぶマシに見えました。ウィリアムズJが引き続き乗ってくれますし、警戒したいです。

青葉賞組ではエタンダール。前走はフェノーメノに突き放されましたが、そこから今回に向けて、しっかり攻めを強化されてきているのは不気味。追い切りの動きも良かったです。藤原英厩舎のスタッフ力は実感しているので、どこまでやれるか。この距離を2度経験しているのも魅力。

グランデッツァは頭の高い走法+血統から距離延長は大きな課題。ただ、今回はしっかり調整をこなしているので、前走だけで見限れないので押さえます。時計が速くなりそうなのが、この馬にはプラスと出るか、マイナスと出るか…。

ディープブリランテはさらに400メートル延びるのは厳しいです。ただ、それでもこの中間は熱心に努力されてきましたし、左回りは悪くないと思います。しっかりピークに造ってきたと思うので、折り合いが全てでしょう。

東京無敗のフェノーメノは、実際にこの条件を快勝しているので有力馬の1頭は間違いないですが、ちょっと調整が手緩いかと。今週の動きもいつものような豪快さがなかったような。動きが重いように感じました。気にするほどでもないかもしれませんが、思い切って軽視します。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.264 | トップページ | ゴール前で急追も、直線でスムーズに捌けず4着まで。☆シルクドリーマー »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.264 | トップページ | ゴール前で急追も、直線でスムーズに捌けず4着まで。☆シルクドリーマー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ