最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.242 | トップページ | 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート »

2012年5月20日 (日)

優駿牝馬(G1)

2回東京10日目(5月20日)
11R 優駿牝馬(G1) サラ 芝2400メートル(左) 
3歳オープン、国際、牝、指定、定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アイムユアーズ 牝3 55.0 ウィリアムズ
1 2 マイネエポナ 牝3 55.0 吉田隼人 
2 3 アイスフォーリス 牝3 55.0 松岡正海 
2 4 オメガハートランド 牝3 55.0 石橋脩
3 5 メイショウスザンナ 牝3 55.0 武豊
3 6 ダイワデッセー 牝3 55.0 武士沢友治
4 7 ダイワズーム 牝3 55.0 三浦皇成
4 8 ミッドサマーフェア 牝3 55.0 蛯名正義 
5 9 ヴィルシーナ 牝3 55.0 内田博幸
5 10 ハナズゴール 牝3 55.0 田辺裕信
6 11 チェリーメドゥーサ 牝3 55.0 森泰斗
6 12 エピセアローム 牝3 55.0 浜中俊 
7 13 サンシャイン 牝3 55.0 柴田善臣
7 14 ジェンティルドンナ 牝3 55.0 川田将雅 
7 15 サンキューアスク 牝3 55.0 北村宏司
8 16 キャトルフィーユ 牝3 55.0 福永祐一
8 17 トーセンベニザクラ 牝3 55.0 津村明秀 
8 18 ココロチラリ 牝3 55.0 横山典弘

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

母系を見ると、言われているほど「オークス向き」とは言えないヴィルシーナ。それでもスッと前に行って折り合える、東京コースでの重賞勝ちなどマイナス要素が1番少ないと思います。追い切りでも走りに力みがなく軽いので、一気の距離延長にも対応できると思います。

勢いならミッドサマーフェア。折り合い面で進境を見せ、本格化を示す上昇ぶり。決め手勝負になればこの馬が1番だと思います。強いレースが2度続きましたが、更にデキ上昇しているので、素直に勢いを信頼。

冷静に考えると、この2頭が少し抜けた存在だと思います。

桜花賞馬のジェンティルドンナ。追い切りは確かに素晴らしい動きでした。出資者さんのブログを拝見すると、元々はオークス向きと言われていたようです。桜花賞を勝って、人気を落としているので狙い目ではあります。ただ、走法とスタミナを意識した調整法に変えていないのはマイナス材料かと。外枠と乗り替わりも痛いです。勝っても不思議ないですが、大負けしても不思議ないと言えると思います。

現時点での完成度は劣りますが、潜在能力はやはりキャトルフィーユだと思います。まだまだ体を使いきれていない走りではありますが、実戦に行って渋い馬。引っ掛かる馬ではなく逆にズブさのある馬。姉とは違いフットワークが大きいですし、距離延長は大丈夫。他の有力馬よりも適性は高いと思います。外枠が当たったのは痛いですが、スッとポジションを押し上げて行くにはプラスかもしれません。最初は3番手くらいからの競馬になるでしょうが、3コーナーあたりから前を交わして先頭に立つくらいの競馬をしてもらいたいです。ダイワエルシエーロの時のように…。少しでも上がりの掛かる展開に持ち込めれば、粘り通しても不思議ありません。

☆ヴィルシーナ
☆ミッドサマーフェア
☆ジェンティルドンナ
☆キャトルフィーユ

上記4頭のボックスをメリハリをつけて。あと、大穴候補でマイネエポナ。稽古も意欲的でデキの良さが目立ちます。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.242 | トップページ | 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
馬券的中しましたでしょうか。
嫌になるくらい、ノーザンF生産馬が強かったですね。生産頭数も多いのでしょうけど、どこまで社台の一極集中が続くのでしょうか? 

ぷ~さん、こんばんは
ジェンティルドンナは馬体重が増えていたので、当初よりも少し買い足しました。テンションが高くなってきていたので嫌な感じでしたが、最後はケタの違う脚でしたね。5馬身差をつけるとはビックリしました。

ダービーもサンデーレーシングの勝負服がまた同じようなシーンを作るかもしれません。

今の流れからノーザン・社台に逆らえなくなっていますね。走る馬もいる反面、ダメな馬もいる訳で上手に出資馬を見極めて行かないとダメですね。

こちらもお邪魔します。
キャトルフィーユを応援してくださって有難うございました。
出資お仲間さんが多いので、あまりブログで書きませんでしたが、自分的にはレース前から完全にGⅠでは力が違うと思っていました。
逃げ・先行ができていたレースは、相手関係がそうスピードのない馬が揃っていましたから。
芝1200~マイルで重賞戦線で戦ってきた馬相手に外枠から前へつけるのはやはり無理でしたね。
去年ぐらいの馬場だったら、もうちょっとは頑張れたかなぁ。。

今年は久々に数年前のシーザリオっぽい差しが決まりましたね。
あまりにも強くって跳ぶヒョウ走りにびっくりしました。
(一応父ディープインパクトはチータ走方かなって思います・笑)
ジェンティルドンナは走り方がルーラーシップに似ていて好きな走方でしたが、それにしても強かったです。

一口を続けている間に1頭でもいいから、これは!!っていう走る馬に巡り合ってみたいものです。

来週はどうでしょうね?
毎回皆の予想の逆・逆が続いているから案外ステイゴールドコンビが活躍したり、ディープはディープでもヒストリカルが強かったり・・・・
しないかな(笑)

ちなみに走り方の好みはディープブリランテなんですけどね^^;

ぼんちゃんさん、こちらにもありがとうございます。
前走からの間隔もあったので、この期間でグッと良くなってきてくれるかなあと思ったのですが、良いところなく終わってしまいましたね。外枠もキツかったですが、1角を回るところでジェンティルドンナの後では…。レースも思った以上に流れましたね。

ひと夏越して、馬体面で成長して内面が伴ってくれば、走り自体も変わってくると思います。

ジェンティルドンナは折り合いもついたし、凄い破壊力でしたね。突き抜け方はナリタブライアン、キングカメハメハといった牡馬超A級並かと思います。少し頭が高いも大きなフットワークはルーラーシップに相通じるものがありますね。

距離はゴールドシップが1番適しているでしょうね。ワールドエースは広い馬場に変わるのは良いでしょうが、距離は前走がベストかなあとも思います。フェノーメノは騎手と毛色もあって、ミッドサマーフェアとダブってきますね。ヒストリカルは魅力的ですが、初の長距離輸送がどうでしょうか。相手なりのタイプのスピルバーグは少し押さえたいです。ディープブリランテはNHKマイルCに素直に行くべきだったかなと思いますが、稽古も熱心ですし、頑張ってほしい1頭ではあります。

クラシックを狙える素質馬を持ちたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.242 | トップページ | 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ