2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.262 | トップページ | 短期放牧明けもデキ上々。あとは時計の速い決着への対応に尽きる1戦。☆ロードハリアー »

2012年5月12日 (土)

ここを目標にデキ上昇。好枠を生かして悔いのない走りを。☆レディアルバローザ

Photo_5 レディアルバローザ(牝・笹田)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

5月13日(日)東京11R・ヴィクトリアマイル(G1)・国際・牝馬限定・芝1600mに福永Jで出走します。追い切りの短評は「前走以上の気配」でした。発走は15時40分です。

2回東京8日目(5月13日)
11R ヴィクトリアマイル(G1)
サラ 芝1600メートル 国際、牝、指定、定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マルセリーナ 牝4 55.0 田辺裕信
1 2 レディアルバローザ 牝5 55.0 福永祐一
2 3 キョウワジャンヌ 牝4 55.0 柴田善臣
2 4 マイネイサベル 牝4 55.0 松岡正海
3 5 アニメイトバイオ 牝5 55.0 北村宏司 
3 6 スプリングサンダー 牝5 55.0 四位洋文  
4 7 アパパネ 牝5 55.0 蛯名正義
4 8 クィーンズバーン 牝4 55.0 内田博幸
5 9 グランプリエンゼル 牝6 55.0 三浦皇成
5 10 フミノイマージン 牝6 55.0 池添謙一 
6 11 アプリコットフィズ 牝5 55.0 田中勝春 
6 12 ホエールキャプチャ 牝4 55.0 横山典弘
7 13 チャームポット 牝6 55.0 柴山雄一
7 14 オールザットジャズ 牝4 55.0 藤岡佑介
7 15 エーシンハーバー 牝4 55.0 武豊
8 16 ドナウブルー 牝4 55.0 ウィリアムズ 
8 17 レインボーダリア 牝5 55.0 石橋脩
8 18 アスカトップレディ 牝5 55.0 川須栄彦

○笹田師 「追い切りは終い重点で。先週は馬場状態もあって上がりを要したが、今週はラスト11秒台が出たし、状態はアップ。昨年3着したように、東京1600メートルはピッタリだし、いいレースを期待したい」(競馬ブック・土曜日版紙面より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ヴィクトリアM】アルバローザ 希望通りの内枠2番(スポニチより)

昨年3着のレディアルバローザは1枠2番。昨年の2枠4番に続いて内枠をゲットした。笹田師は「スタートセンスが良く、枠はどこでも良かったが、ジョッキー(福永)は内がいいと言っていた。希望通りで安心しているはず」と満足げな表情を見せた。

金曜は角馬場で調教師自ら騎乗して感触を確かめた。その意図を聞かれると「担当が美浦に行って不在なので代わりに乗っただけ。久しぶりに乗ったがリラックスしていい雰囲気だった」と笑顔で答えた。木曜に発表の馬体重は前走(阪神牝馬S10着)から10キロ増の500キロ。「輸送で少し減るから、東京に行くときはいつも体を増やすように調整している。予定通り順調」と手応え十分だ。

昨年は勢いのあったアパパネ、ブエナビスタと首+首差の3着に激走。指揮官は「1年たったが馬体の張りは変わりないし、昨年くらい走れれば楽しみはある」と不敵な笑み。昨年同様、経済コースをロスなく立ち回って粘り込むか。傑出馬不在の今年なら、楽に押し切っても不思議ではない。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年のヴィクトリアマイルでアパパネ、ブエナビスタの3着に頑張ったアルバローザ。その後は、うまく夏を過ごせなかったことが尾を引く形で低迷が続きました。

また、収得賞金の低さから、一時期はこのレースに出走できるか大いに危惧しましたが、中山牝馬Sで自在性を発揮して同レースの連覇を達成。チャンスをモノにして、今年もこの舞台に戻ってくることが出来ました。

調子が良く、本番のヴィクトリアマイルまで間隔が空くため、参戦することを決めた阪神牝馬S。1400の距離は合うかなあと思っていましたが、挟まれる形でハミを噛んで、行きたがり、ボコボコになってきた馬場にも脚を捕られてしまうことに…。一瞬は伸びてくるシーンはありましたが、結局は10着に終わりました。

それでも、レース後のダメージも少なく、早めに時計を出し始め、動きはもう一つでしたが、1週前追い切りでしっかり負荷を掛けられました。そのひと追いの効果で、今週は行きっぷり良く、いつもどおりにPコースでラスト1ハロン11秒台をマークしました。毎回変わらない姿を見せてくれるアルバローザはホント賢い馬です。懸念の硬さは暖かくなって、だいぶマシになっています。

二の脚が抜群の馬なので、枠は問わないですが、自在に立ち回るには良いでしょう。ただ、前走で行きたがる面を出してしまったので、折り合いには注意してもらいたいです。まあ、その辺は乗り慣れている福永Jなら心配ないでしょう。

昨年はデキの良さ+勢いもあって、正攻法の競馬をしましたが、今年は乗るか。アルバローザのデキは上がっていますが、今年は伏兵の域ですし、気楽な立場で差しに構えて1発を狙う形かなあ。馬場の良い東京なら伸びてくれるとは思うのですが…。アルバローザ&福永Jには、力のあることを改めて証明するレースにしてもらいたいです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.262 | トップページ | 短期放牧明けもデキ上々。あとは時計の速い決着への対応に尽きる1戦。☆ロードハリアー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは。

アルバローザいよいよですね。3歳時から毎年大きな舞台に連れて来てくれて本当に素晴らしい馬です。

昨日のグリーンチャンネルのレース展望でも硬さが無く良い状態のようで、記者が本命を打っていました。

まずは無事に、そして福永Jですし信頼してレースを見守りたい気持ちです。

ミッチーさん、こんばんは
ご一緒のアルバローザは大きな怪我をすることなく、桜花賞を皮切りに、これでG1レース5度目の挑戦ですね。賢い馬ですし、運の良さもある馬です。

暖かくなって、だいぶ状態は上がっているようですね。あとは、乗り慣れた福永Jに託すのみです。もう5歳なので無事に走り終えてくれるのが1番ですが、得意な条件ですし、1発は狙ってもらいたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.262 | トップページ | 短期放牧明けもデキ上々。あとは時計の速い決着への対応に尽きる1戦。☆ロードハリアー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ