2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.237 | トップページ | 次走に向けて、順調に来ているのが何より。☆シルクフォーチュン »

2012年4月13日 (金)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.255

(阪神11R)アンタレスS(G3)

◎ゴルトブリッツ、○シルクシュナイダー、△ニホンピロアワーズ、×グリッターウイング、×デスペラード、×ライブコンサート

脆さを出して負けた時もありますが、勝つときのレースは圧巻のゴルトブリッツ。前走は心房細動明けということで心電図をつけて追い切りをしていたので怪しいなあと思っていましたが、好位から楽々と抜け出して凄い時計で勝ちました。後方に控えていた馬は全くレースになりませんでした。ひと叩きして動きも良いですし、ここは順当にこのレース連覇を達成する可能性が高いと思います。

実績はニホンピロアワーズでしょうが、ゴルトブリッツと同じような位置で競馬をする馬。そして、内めで揉まれる可能性もあるので、終いで甘さを出しても不思議ありません。そうなると、シルクシュナイダーの決め手が1角崩しのシーンも十分。ただ、勝負どころでズブさを出すので、ゴルトブリッツが前を捕まえに行った時に離されすぎなければ良いのですが。

ニホンピロアワーズは前走強い内容でした。力のいる馬場なら信頼できますが、時計も要求されるJRAのダート重賞で少し足りないかなあという印象もあります。ここでの走りは今後の試金石になるでしょうか。

グリッターウイングはモタれる面がネックですが、相手なりに走れるタイプ。立ち回りの巧さを生かして、2着に食い込む可能性も。デスペラードは前走が案外でした。OPではなかなか前が止まりませんが、OP2度目で押さえたいと思います。大穴ならライブコンサート。前走は悪くないですし、阪神ダートでの手腕が光る和田Jとのコンビは魅力です。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.237 | トップページ | 次走に向けて、順調に来ているのが何より。☆シルクフォーチュン »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.237 | トップページ | 次走に向けて、順調に来ているのが何より。☆シルクフォーチュン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ