2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.235 | トップページ | 阪神牝馬S・登録馬一覧 »

2012年3月31日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.253

(阪神11R)産経大阪杯(G2)

◎ショウナンマイティ、○ローズキングダム、▲フェデラリスト、△ナカヤマナイト、×トーセンジョーダン、×ダンツホウテイ

実績は見劣るも、使われた強みでショウナンマイティを本命に。芝2000までなら確実に脚を使ってくる馬。近走を見ると、長い直線が合っている印象を受けますが、1600万下とは言え、ひと捲くりで楽勝した札幌の1戦から小回りでもやれる筈。ここは浜中Jに戻って、気合も入っているようですし、力のいる阪神の馬場もプラス。勝負どころから勢いをつけて捲くっていければ。

ローズキングダムは秋のG1はダメでしたが、G2に戻って見直しを。今週の追い切りはモタれずにしっかり脚を伸ばしていましたし、あの動きなら触手が動きます。長い距離の瞬発力勝負で成績を残していますが、今なら芝2000が1番レースがしやすいのかなと思います。ポン駆けも利きますし、ここで厳しい着順なら今後も厳しいでしょう。

軌道に乗ってきて、1戦ごとに素晴らしいパフォーマンスを披露しているのがフェデラリスト。ここでも対等以上にやれる筈です。ただ、今回は関西圏でのレース。長距離輸送は初めてですし、その点には疑いの目も。

前走はルーラーシップに完敗の形も、日本に戻ってから安定感が出てきたナカヤマナイト。渋めが残っても大丈夫でしょうし、春は宝塚記念が大目標でしょうから、ここは結果が欲しい1戦。

トーセンジョーダンは岩田Jとのコンビは魅力も、前走後にしっかり休ませただけに、久々の今回は少し評価を手控え気味に。ダンツホウテイは弱い相手とはいえ、ここ2走が良い形の走り。ここも無欲の差しに徹してどこまで。

(中山11R)ダービー卿CT(G3)

◎タガノエルシコ、○アプリコットフィズ、▲ダイワファルコン、△ミキノバンジョー、×ネオサクセス

昇級戦になりますが、前走の勝ちっぷりが鮮やかだったタガノエルシコを本命に。元々が相手なりに走るタイプですし、暖かくなってきて状態も上向いてきている印象を受けます。枠も内めの偶数枠と良いところに入りましたし、馬群で脚を溜めて、直線で捌ければ。

アプリコットフィズは前走が案外でしたが、マイルの距離がベストですし、瞬発力勝負よりはレースが流れてタフな方が向く印象です。叩き2走目でここは素直に見直したいです。

ダイワファルコンの前走は特殊な馬場で仕方ないところ。このメンバー相手にマイルだとどうかなあ?と思いますが、良馬場でレースが出来るなら、安定感を信頼。

デキの良さを強調されているのがミキノバンジョー。ここ数走は短い距離を試して、勝ち負けに加わるところはありませんでしたが、良い脚は見せています。枠も良いところに入りましたし、距離延長で追走が楽になる分、前めでレースを進めることができれば。

美浦Sの末脚の印象が強いネオサクセス。渋めが残ると人気を集めすぎていますが、展開が嵌まれば、1発の魅力はあります。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.235 | トップページ | 阪神牝馬S・登録馬一覧 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.235 | トップページ | 阪神牝馬S・登録馬一覧 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ