2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン | トップページ | ゲート再審査に向けて特訓中。☆シルクフォーチュン »

2012年3月 1日 (木)

予定通り、権利を取って来週の阪神芝1800へ。☆ロードハリケーン

Photo_3 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

2012.03.01
3月4日(日)中山・3歳新馬・芝1600mを除外されました。3月1日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン79.4-63.2-49.3-36.6-11.7 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒7先行して0秒3遅れ。短評は「馬体は上々」でした。3月11日(日)阪神・3歳新馬・混合・芝1800mにピンナ騎手で予定しています。

○池江調教師 「3月1日(木)はピンナ騎手を背にポリトラックへ入れました。先週よりも動きが良化。時計も徐々に詰めており、段々と態勢が整いつつある印象です。ここに来て馬自身が随分しっかり。時間を掛けて体力作りに励んだ成果でしょう。次週には更に上向くはず」

≪調教時計≫
12.03.01 ピンナ 栗東P良 79.4 63.2 49.3 36.6 11.7(8) 一杯に追う トーセンホマレボシ(3歳500万)一杯の外0秒7先行0秒3遅れ

2012.02.29
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。レース出走へ向けて態勢は段々と整っており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。3月1日(木)に追い切りを行ない、3月11日(日)阪神・3歳新馬・混合・芝1800mにピンナJで予定しています。

○池江調教師 「今週の中山に組まれたマイルの新馬戦には相当な頭数が集まりそう。こちらに投票しようと思います。純粋に抽選が行なわれるのは恐らく5枠分だけ。ほぼ間違いなく除外を受けられるでしょう。馬場状態も考慮し、追い切りは明日3月1日(木)に課す予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<クラシック競馬LAB>(競馬ラボのサイトより)

「ダノンバラード(ラジオNIKKEI杯2歳S、皐月賞3着)の全弟です。外見のスケールは兄を凌ぎ、迫力ある馬格を誇っていますよ。とてもパワフルですし、ダートもこなせそうですが、もちろん、目指すのは芝の王道路線ですね」

池江泰寿調教師は、ロードハリケーンの素質を高く買っている。

父ディープインパクトは2年連続の2歳リーディングサイヤー。日本競馬を一変させたサンデーサイレンスをはるかに上回るスピードで勝ち星を量産している。凱旋門賞に挑戦した際は、師も遠征チームに師も加わった。類稀なる才能を知り尽くしている。その仔で世界最高峰に臨み、リベンジを果たすのが究極の夢である。

母レディバラード(その父アンブライドルド)は、交流重賞のクイーン賞やTCK女王盃をはじめ、7勝をマーク。深い砂に耐えられる強靭な母系に、稀代の名馬の遺伝子がマッチしている。半兄にはロードアリエス(現2勝、京都新聞杯2着)もいて、成功の確率は高い。ロードサラブレッドオーナーズにて総額5250万円で募集された。

ケイアイファームでじっくりと体力強化が図られた同馬は、グリーンウッド・トレーニングでは定期的にハロン15秒程度のメニューも消化。12月8日、栗東に入厩した。当初はトモの弱さが目立ち、スタートダッシュが苦手ではあったが、入念な練習をこなして2月10日のゲート試験をパス。坂路でのスピード調教も並行して行なってきたたため、スムーズに本格的な追い切りへと移行した。順当に反応が良化してきた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の阪神芝1800でのデビューを予定しているロードハリケーン。今週は中山芝1600に出馬投票。予定通り除外され、権利を確保することに成功しました。

今日は来週のゆきやなぎ賞を予定しているトーセンホマレボシとノーブルジュエリーとの併せ馬。外にノーブルジュエリーを先行させ、真ん中にハリケーン。そしてトーセンホマレボシが最内から追走するという実戦形式。最後1ハロンを併せる形になって、プレッシャーのかかる真ん中の位置で遅れを取ってしまいましたが、他2頭が素晴らしい動きでしたし、ハリケーン自身も6ハロン80秒を切って、ラストも11秒台にまとめているので、使っていない馬ということも踏まえれば上々でしょう。1週ごとに速い調教を重ねて、良くなってきているのが何よりです。

まだ腰・トモに緩さがあるでしょうから、実戦に行った方が良い可能性は高いです。血統的に注目を集める馬です。今週、ダノンバラードが重賞勝ちを果たせば、さらに話題になると思います。先週の騎乗を見る限り、ピンナJの手綱は心配ですが、悪くても格好はつけてくれる状態には仕上がってきているように感じます。

« 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン | トップページ | ゲート再審査に向けて特訓中。☆シルクフォーチュン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードハリケーン」カテゴリの記事

コメント

ハリケーンは期待が大きいだけにピンナにはちゃんとエスコートして貰い、良い走りを是非とも見せてもらいたいですね☆

ピンナJは勝負どころで置かれ、バタバタしているので、うまく追走できれば良いのですが…。トビの大きいタイプのようなので、先行した方が良いのかもしれません。あと1本速いところをやれるので、もう1歩ピリッとしてきてくれればと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン | トップページ | ゲート再審査に向けて特訓中。☆シルクフォーチュン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ