2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 一夜明けて、福永Jを背にポリトラックで快走。☆レディアルバローザ | トップページ | 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン »

2012年3月 1日 (木)

反動が出ないか心配な面あるも、CWで初時計をマーク。☆シルクメビウス

Photo シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

坂路コースでキャンターの調整です。調教助手は「帰厩後2,3日は少し脚元が気になったけど、それ以降は歩様もしっかりしているし、毎日坂路で2本乗って調教しています。どうしても関節を動かしてしまう場所なので、いつ痛がるかわかりませんが、今のところ変わりなく来ているので、あとは速い所をやり出して反動が出ないかどうかですね。このまま変わりなく追い切りをこなしてくれれば、次の阪神開催にアンタレスSがあるので、復帰戦はそこが有力になると思います」と話しています。(2/29近況)

助 手 1CW不 71.9- 56.1- 43.1- 14.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「状態が良ければ、時計を出していく」とコメントされていたシルクメビウス。本日、70-40の軽めのところですが、サラッとコースで追われました。久々を考えれば、しっかり動いていると思います。

ただ、痛めた場所が反動が出やすいところらしいので、順調に調教を重ねて行けるかとなると、怪しいところはあります。まあ、それでもしっかりケアに努めてくれるでしょうから、少しずつでも前進して行ってもらえればと思います。予定としては、アンタレスS→東海Sというローテを考えているようです。

今年のフェブラリーSでは、ジャパンダートダービーで敗れたテスタマッタが強い勝ち方をしました。また、フォーチュン、ワンダーアキュート、ダノンカモンと同世代の馬が上位に頑張りました。そして、トランセンドもいます。強い世代のトップを走ってきた馬ですし、もう一度、同じ位置に立てるくらいまで戻ってきてもらいたいです。

« 一夜明けて、福永Jを背にポリトラックで快走。☆レディアルバローザ | トップページ | 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクメビウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一夜明けて、福永Jを背にポリトラックで快走。☆レディアルバローザ | トップページ | 第一関門のゲート試験を無事に突破。☆シルクアポロン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ