最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 芝のペースに戸惑うも、無理をせずに終いに徹して5着に奮起。☆ロードハリアー | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

2012年3月25日 (日)

最後はG1馬との底力の差。この敗戦を良い糧にステップアップを。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

3月25日(日)中京11R・高松宮記念(G1)・国際・芝1200mに福永Jで出走。18頭立て1番人気で1枠1番からハイペースの道中を4、4番手と進み、直線では内を通って0秒1差の3着でした。馬場は良。タイム1分10秒4、上がり35秒4。馬体重は増減無しの500kgでした。

○福永騎手 「イメージ通りのレース運び。コース内側を走った馬が伸びており、結果的に枠順も良かったと思います。ただ、最後は力で捩じ伏せられた感じ。上位2頭はGⅠでの実績馬ですからね。ここまでトントンと勝ち進んで来ただけに強い相手も勢いで・・・との期待を寄せていたものの、さすがに甘くなかったかも知れません。一戦毎に馬自身は段々しっかり。でも、未完成なのも確かでしょう。今回の経験が必ずや先々に生きるはず。更に逞しさを増して再びチャレンジ出来れば・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○福永騎手 「いつもどおりにスタートも良かったし、内の方も馬場が良くなっていたのでそのまま進んだ。この枠でもうまく乗れたと思うし、イメージ通りのレースはできたけどね。今日は初めてG1馬が空いて。体はしっかりしてきているので、またチャンスはあると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ポンと出て好位のインに控える。前にカレンチャンを見る絶好の形。馬場もギリギリ良いところは通れた。4角を回って外へ出そうと試みたものの、マジンが壁で動けずラチ沿いへ。これまでのような強烈な勢いはなかったが、渋太く脚を使っている。(B誌)

間隔は空いたが、太め感なく仕上がり、気合も良好。スタートが速く、スッと好位へ。力む面もなかったが、終始内に閉じ込められる形。初の左回りでもロスのないコーナーリングで直線に向くが、初のG1でスパッと切れず。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後まで抜かせなかったカレンチャンの底力に、今日のところは完敗という感じです。両馬ともに正攻法の競馬での力比べだったと思います。

今日のパドックでは、前日追いをして気合を乗せてきたように、初めて2人引きでの競馬でした。外見上は良い仕上がりだったと思います。大舞台の雰囲気に呑まれるようなところもなかったです。

レースはいつものように抜群のスタート。内々を立ち回って直線を向きます。そこから追い出されますが、確かにいつものような弾けるところはなかったです。坂を上がって、外からダッシャーゴーゴーにも交わされるようなところがありましたが、そこから踏ん張って3着に粘ったのは評価したいです。

今日のところは実績馬に跳ね返された感じです。それでも初G1で実力は示してくれました。タラレバを言わしてもらうと、2月19日に坂路で時計を出してから約2週間時計がなかったように順調さを欠いていたのが悔やまれます。コース追いで仕上げも出来ませんでした。

ちょっと残念な結果ですが、この敗戦を糧にもうワンランク上へ行けるように、逞しさを増してくれれば。この後は適鞍がないので、少し充電してもらいたいです。

« 芝のペースに戸惑うも、無理をせずに終いに徹して5着に奮起。☆ロードハリアー | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さんこんにちはm(__)m

ロードカナロアは初挑戦を終えて、まずまずのレース出来たんじゃないでしょうか(^-^)/

内で競馬がどれだけ予定以上に出来たのか?そこが気になるところですが、勝った馬が強かったんでしょうね(^_^;)これを糧に今後の飛躍を期待しています(^-^)v

ボビー777さん、こんばんは
能力で突破してくれるかなと期待していましたが、色々な課題・未知数を残してのG1だったので、それを考えると、恥ずかしい競馬をしなかったと思います。

カレンチャンは2番手から押し切ったので、着差以上の強さと言えると思います。まだ、キャリア9戦ですし、まだまだ力をつけて行って欲しいです。

焼魚定食さん、こんばんは☆
カナロア3着と少し残念でした。
1枠1番は懸念材料でしたが、最後の方は少し窮屈そうで走りのリズムが悪かったですね。
抜け出すスペースはあったとは思いますが、ここ2戦は広い外に出されてからびゅっと伸びていたように、少し勝手が違ったのかもしれません。

カレンチャンは騎手とも息がぴったりで強気のレース運びでしたね。
JRAのデータマイニング&競馬コンシェルジュで劇押しだったサンカルロも流石の走りでした。

カナロアは一旦ひるんで馬群に飲み込まれそうになりましたが、そこから盛り返してダッシャーゴーゴーの追撃をしのいだところは偉かったと思います。

しかし今回はデータの裏づけはなかったものの、勢いでなんとかならないかなって思ってましたがやはり甘くはなかったです。
プロの予想も流石だなって思いました^^;

ぼんちゃんさん、おはようございます。
昨日のレースは、カナロアにも戸惑う面が多かったかもしれませんね。内々でプレッシャーが掛かっていたんでしょうね。それで僅差の3着に踏ん張ったのは褒めてあげたいと思います。前2レースは最内枠が来ていましたが、その2戦でグリーンベルトも消えていたかもしれません。

昨日のレースはカナロアの戦績を疑ってかかれば、過去のデータを含めて妥当なところかなとも思います。

この後のローテは分かりませんが、芝1200で頂点に立てていないので、距離をまだ伸ばさず、もう一度我慢して、成長を促してもらいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝のペースに戸惑うも、無理をせずに終いに徹して5着に奮起。☆ロードハリアー | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ