最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 時計は水準クラスも、併せ馬で先着する動きを続けて。☆シルクアポロン »

2012年3月28日 (水)

次走へ余裕を持って調整中。☆ロードオブザリング

*Photographed by うりぼ~さん

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

3月28日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.3-41.4-27.4-13.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月28日(土)京都・下鴨S・混合・芝2000mに池添騎手で予定しています。

○笹田調教師 「3月28日(水)の追い切りも坂路をサッと。十分に余力を残す形でコース頂上まで達しています。ここに来て大きく変わった印象は無し。でも、順調に来られているのが何よりでしょう。予定は1ヶ月後。スケジュールを逆算しつつピッチを上げればOKですね」

≪調教時計≫
12.03.28 助手 栗東坂良1回 56.3 41.4 27.4 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走までちょうど1ヶ月ありますが、じっくり動かしているリング。鞍上も引き続き、池添騎手が跨ってくれることが決まっています。

これから徐々に速いところを乗っていくと思いますが、日・水と週に2本きっちり時計を出して、下地を整えて行ってもらいたいです。

スタートが上手なら、代表的なホワイトマズル産駒のように、逃げ・先行が合うのかなあとも考えます。

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 時計は水準クラスも、併せ馬で先着する動きを続けて。☆シルクアポロン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

確かに、未勝利戦やドンカスターを勝った時なんかは、先行でしたもんね。そんなに切れる脚はないし、長くいい脚を使うタイプだと思いますし。
こんなに早く厩舎に入れてもらえて調整してもらえるんだから、内回りが不安ですけど、期待に応えてもらいたいですね。他の有力厩舎ではありえない扱いしてもらえてますから。

で、焼魚定食さん、2歳の笹田厩舎勢はどれか気になる仔、いませんか(笑)

うりぼ~さん、こちらにもありがとうございます。
リングは心臓が強いと聞くので、持久力はあると思うんですよね。その反面、瞬時のギアチェンジが出来ないだけに、勝負どころでモタつくとこのクラスでは苦しいのかなあと思います。

繊細な面が残っているので、厩舎で調整されることが多いのかなと思いますが、素質は認めてくれているんでしょうね。全般的に見れば、外厩から戻ってきて使い出すタイミングは、以前よりも早くなっていると思います。馬房のやりくりは厳しくなってきているのかと思います。

現2歳は笹田厩舎3頭ですね。レディミューズの10は、気性に難しさを抱えていそうなので、この厩舎に合わないような気がします。あとの2頭でデビューが早そうなのが良いのかなと。個人的には今のところ、今年の笹田厩舎は見送ろうかなあと思っています。

こちらもお邪魔します☆
ホワイトマズルって逃げるか追い込むかの極端な競馬で結果が出ていますよね。
私もリングは先行するのがいいと思いますが、ゲートが遅いし、あまりせかすとダメっぽいのでゲート次第かなぁって気もします。

ホワイトマズルではないですが、ダローネガの気性がだんだんマズル産のドナシュラークに似てきて、パドックでは前の馬を抜かそうとするし、レースでも逃げが合うようになってきました。
気性面は変えようがないのかもしれませんが、残念なことです★

今年のロード2歳、私も笹田厩舎も考えていましたが同じく3頭ともどうも現状はピンと来ません^^;
バッカスもびっくりの転厩でしたし、そろそろ厩舎事情も厳しくなってきたのでしょうか?
リングくんはかなりVIP待遇で気に入っていたのですが・・・

後の追加は浅見厩舎のクロフネ牝馬にしようかなぁと思っています。
最初からお気に入りだったんですよね^^

ぼんちゃんさん、こちらにもありがとうございます。
リングは課題のトモに肉がついてくれば、ダッシュ力も出てくるんでしょうが、こればかりは血筋もあるのかもしれません。やはり器用な脚は使えないかなあ…。

闘争心のある馬は一つリズムが狂うと、掛かり癖などが出てきて、立て直すのは厄介ですね。気性だけは予測できない面が後からでも出てきます。

笹田厩舎はこれからもロードでは上位厩舎ですが、池江・安田・藤原英・角居厩舎と比較すると、スタッフ力が落ちるように思います。立て直したり、教育していく面で物足りなさも。レース選択の幅も得意なところにこだわり過ぎている気がします。今年の2歳3頭でどれぐらい勝ち星を挙げていくかは注目ですね。

放牧から戻ってすぐ使うようになってきたのは、外厩と連携が取れてきた面もあるんでしょうが、預託も増えているので回転もさせないと…。昨年G1を勝ったことで、逆に社台・ノーザンには結果を求められることになってくるでしょうね。

クロフネ牝馬は立ち姿が力強いですね。母の価値がまだ定まっていないので、募集価格以上の活躍があっても不思議ないですね。今まで非常に良い形で育成できているようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳・牧場組) | トップページ | 時計は水準クラスも、併せ馬で先着する動きを続けて。☆シルクアポロン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ