2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(4歳上牡馬・笹田厩舎) | トップページ | 来週の阪神芝1400でデビューへ。☆シルクアポロン »

2012年3月22日 (木)

最終追い切りもビシッと追って、いざレースへ。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

3月25日(日)中京・高松宮記念(G1)・国際・芝1200mに福永Jで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位1番目、同順位5頭で出走可能です。3月21日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に50.6-37.4-24.4-12.4 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒9追走して0秒4先着。短評は「坂路コースで入念」でした。

○安田調教師 「3月21日(水)もビシッと。これでキッチリ仕上がったと思います。左回りやG1の厳しい流れも未経験。その点は走ってみないと何とも言えません。ただ、チャンピオンを狙うには全てを乗り越えてくれないと。良い状態で臨めるだけに、頑張って欲しいですね」

≪調教時計≫
12.03.21 助手 栗東坂良1回 50.6 37.4 24.4 12.4 一杯に追う オーセロワ(古馬オープン)一杯を0秒9追走0秒4先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【高松宮記念】栗東レポート~ロードカナロア(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

□安田隆行調教師

「前走から少し間隔が開いているので、今朝の最終追い切りは併せ馬で、終いを伸ばすよう指示しました。素晴らしい内容の追い切りでしたね。この馬にとっては1200mがよほど合っているのでしょうね。左回りが初めてで、しかもG1。そういった、あらゆる条件を克服してこそ一流馬になれると思いますから、克服してもらいたいです。力の要る馬場状態で、今週末も雨の予報が出ていましたが、それもクリアして欲しいです。展開はどのような形でも大丈夫ですが、できれば先行争いが速くなるといいですね。少しずつ内目が悪くなってきていますし、外枠は不利のようですし枠は真ん中ぐらいが理想的です。人気馬をG1に送り出せるのは嬉しい限りです。強敵は多いですが頑張って欲しいです」

□福永祐一騎手

「陣営からは順調だというふうに聞いています。それが何よりです。初めて乗せてもらったのが3歳の春、調教に跨ったときからG1を狙える馬だと思っていました。そのころはまだ一本調子でスピードが勝ちすぎていましたが、そのあたりが修正されればビッグレースを狙えると陣営とも話していました。一戦ごとに馬も期待に応えてくれて、どんなレースでもできるようになりました。中京の芝1200mは、当初は内枠外枠の有利不利があるのではないかと言われていましたが、実際には外枠でもさほどの不利がないように見えます。不安要素とすれば初めての左回りと直線の坂ですが、当然克服してほしい課題です。今週末の天気がどうなるか分かりませんが、仮に少し重たい馬場になったとしてもそれを経験して克服して欲しいです。去年のチャンピオンホース(カレンチャン)が出走してきますからね。当然胸を借りる立場ですし、連勝中ではありますがあくまでチャレンジャーのつもりで。強い馬相手にどれだけの走りを見せてくれるのか、期待しています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【高松宮記念】常勝カナロア1番時計!坂路50秒6(スポニチより)

短距離界の新星ロードカナロア。目下5連勝中でここ2戦は一気に相手が強化された重賞だ。勢いそのままに最終追いでも派手なアドバルーンをブチ上げた。坂路併せ馬の相手はオープン馬のオーセロワ。道中は2馬身後方から追いかけ、残り1F地点でかわすと右ムチ3発に反応してしっかり伸び切った。4F50秒6はこの日の坂路1番時計。ラスト1Fは12秒4の鋭さでパートナーに1馬身半差をつける絶好の動きだ。

見守った安田師も「1Fだけ伸ばす指示。素晴らしい動きだったね」と目を細める。そしてこう続けた。

「G1の舞台で左回りは初めて。あらゆる条件を克服してこそG1(のタイトル)なので、クリアしてほしいね」

最大の敵は身内にいる。スプリント女王のカレンチャンだ。手綱を取る福永は「昨年のチャンピオンホースがいるからね。胸を借りる立場であくまでチャレンジャー」としていることから、安田厩舎の4頭出しに序列をつければやはり“2番目”となるか。ただ、周囲がそう見るかは別の問題。注目度ではむしろこちらの方が上。

左回りは初めてだが、そこまでこの馬を苦戦に導く材料になるとは思えない。福永に不安材料?と聞くと「全然」とぽろっと本音が出た。天才肌の短距離馬だと認めているのだ。

「2走前の京阪杯は先行馬の後ろで少しだけもまれた。前走のシルクロードSは下げた位置でプレッシャーを受け、さらにモマれる競馬を経験した。普通はどこかで負けてしまうもの。それが結果を出し続けるんだから特殊だね」

将来を見据えるからこそその都度、大きな課題を与えてきたが天才スプリンターは満点の内容でこなしてきた。「G1舞台でも…」。福永の期待と自信が膨らむのは当然だ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【高松宮記念】カナロア新電撃王へ圧巻(サンスポより)

絶好の動きで万全の状態をアピールした。25日に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI、芝1200メートル)に出走するロードカナロア(栗東・安田隆行厩舎、牡4歳)が21日、滋賀県栗東トレーニングセンターで追い切りを行った。スプリント戦負け知らずの素質馬は坂路で一番時計をマーク。本紙調教採点でも最高の「S」評価だ。

若きスプリント王の誕生を遮るものは何もない。目下5連勝中、芝1200メートルで6戦無敗の上がり馬ロードカナロアが豪快なデモンストレーションを披露し、万全の仕上がりをアピールした。

坂路で僚馬オーセロワを5馬身ほど後方から追いかける。スピードに乗って並びかけ、残り1ハロンで鞍上がゴーサインを出すと、前脚を叩きつけるような力強いフォームで加速していく。3発のムチに呼応して僚馬を2馬身突き放し、ラスト1ハロンを12秒4でフィニッシュ。4ハロン50秒6は圧巻の坂路一番時計だ。

「『併せ馬でやろう。しまいを伸ばせよ』と指示を出しました。本当に素晴らしい動きでしたし、問題ありません」

見届けた安田隆行調教師が笑顔で話す。現在の坂路はウッドチップが水分を含んで重く、時計がかかる。悪条件の中でも、15日の1週前追い切り(4ハロン51秒7)に続いて破格のタイムをマーク。強い心肺機能と非凡なパワーを証明した。

今年36勝を挙げ、全国リーディング首位をひた走る福永祐一騎手が「3歳の1月にまたがったときからG1を狙えると思い、意識してレースに乗ってきた」という好素材は完成の域に近づいている。

前哨戦のシルクロードSでは中団から、逃げるエーシンダックマンを一瞬でかわして突き抜けた。2着につけた2馬身半差はスプリント戦では決定的なもの。デビューから8戦すべてで1番人気に推されているが、実力もともなっている。

初のG1挑戦で乗り越える壁は多い。それでも陣営は不安より楽しみを持って臨む。

「中京コース、左回りが初めてで、それがG1になりますが、克服して初めて一流馬になれる。1200メートルは本当に相性がいいですから」とトレーナーが言えば、「胸を借りるチャレンジャーの気持ち。どこまで強くなるか、底を見せていないし、壁を一緒に乗り越えていければ」と主戦騎手も闘志を燃やしている。

極上の瞬発力で、実力でもGI制覇へ。頼れるリーディングジョッキーを背にしたロードカナロアがスプリント界の頂点へと駆け上がる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

木曜日に追われるかと思っていましたが、僚馬と同じ水曜日に追い切られたカナロア。今週も攻め走るオーセロアとの併せ馬。テンから13秒台で入っているので、加速するラップは踏めませんでしたが、最後はしっかり追われて、フィニッシュできています。抜けてくるとは相手を威圧しているように見受けられましたし、さらに風格が出てきたと思います。

ただ、最終追い切りも坂路でしたし、前走の臨戦過程と比べると、万全とは言い難いです。プール調教も多かったので、腰あたりにダメージがあったのかもしれません。まあ、それでも動ける状態にはあると思います。昨日の追い切りを経て、更に良化してくれれば。

葵Sを勝った後、いち早く充電期間に入り、秋2戦→ひと叩きして高松宮記念という青写真が早くから出来ていたようです。その課題を勝利でクリアしてきたのは改めて凄いことだと思います。あとは、G1特有の速い流れを体験していないのがどうか…。これはやってみないと何とも言えませんね。それでも、父キングカメハメハのように力を付け出すと、1戦ごとにこちらの想像を上回るパフォーマンスを見せてくれています。その伸びシロでそこも太刀打ちしてもらえれば。

枠順は真ん中から外の方が良いのかなと思います。内で馬場の悪いところを通され、マークされるよりは良いと思います。実際に中京芝1200は外が良く来ているようですね。

今回も1番人気での出走となりそうです。それがG1というのは初体験です。期待は高まりますが、無事に行けば、いずれG1を取れる馬だと思うので、まずは無事に回ってきてもらえればと思います。現段階で結果が伴うならホント凄い馬になるんだろうなって思います。

« ロードなお馬さん(4歳上牡馬・笹田厩舎) | トップページ | 来週の阪神芝1400でデビューへ。☆シルクアポロン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(4歳上牡馬・笹田厩舎) | トップページ | 来週の阪神芝1400でデビューへ。☆シルクアポロン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ