2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.224 | トップページ | 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン »

2012年2月 4日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.243

(東京11R)東京新聞杯(G3)

◎ダノンシャーク、○フレールジャック、▲フミノイマージン、△サダムパテック、×マイネルラクリマ、×ミッキードリーム

マイルの実績とポテンシャルを考えて、自在に立ち回ることが出来るダノンシャークに期待。今週の追い切りは終い重点でしたが、活気があって充実振りを感じ取れます。ブリッツェンくらいしか行く馬がいませんが、先行しても速い脚を使えるのも魅力ではあります。

初距離+初東京コースで割り引きましたが、勝っても不思議ないのがフレールジャック。ただ、3歳の秋から尻すぼみの成績になっているのも事実です。今週の稽古は脚捌き自体軽快で動きは良好。ただ、カイバ食いが良くない感じで、馬体重がどこまで回復しているかがポイントでしょう。この条件で敗れるようだと、気性を含めての成長力が問われることになろうかと思います。

1発の魅力はフミノイマージン。昨年1年間で非常に力をつけましたし、前走はさらにレベルアップを感じさせる内容での勝利でした。人気の盲点になっている感じもしますし、うまく末脚を出し切れば。

近走の成績が物足りないサダムパテック。金杯の内容だとここでも強くは推せませんが、左回りに変わるので、そこに1つ変化を求めて。今週の追い切りもビシッとやってきましたし、もう1度、騙されてみようかなと思います。

マイネルラクリマは、アーネストの半弟で頑張って欲しいですが、大崩れはなくとも、東京でこのメンバーを封じるとなるとどうでしょうか。テン乗りというのも、脚の使いどころのサジ加減が難しいです。

あとは地力を評価してのミッキードリーム。力のある馬だけに、流れ次第で台頭も十分。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.224 | トップページ | 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.224 | トップページ | 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ