2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン | トップページ | 京都記念(G2)・登録馬一覧 »

2012年2月 5日 (日)

名前負けしない圧勝劇

きさらぎ賞を快勝したワールドエースですが、ここまで強いとは正直びっくりました。パドックでも気合もしっかり内に保ちながらの周回。中1週でもさすがの仕上げでした。

レースはゲートをジワッと出て、出てなりでの追走。ムキになるところがなかったですし、綺麗に折り合いもついていました。前走で我慢させたことがしっかり次に修正できているのも凄いところです。

4角でベールドインパクトが勢い良く進出して行った時にどうかと思いましたが、仕掛けてのからの反応は凄まじかったです。勝ち時計も優秀ですし、なおかつ上がり3ハロンも33秒0。今日のような走りが出来れば、距離の心配も薄まるかなと思います。来週出走するディープブリランテとの対決が待ち遠しいです。

ヒストリカルもさすがの切れ味。今の時点でこれだけの脚を使えたら、この血統だけに前途洋々です。ただ、これ以上の距離となると…。ベールドインパクトも動いて行っての3着なので頑張りましたが、瞬発力の差ですね。

« 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン | トップページ | 京都記念(G2)・登録馬一覧 »

競馬(POG)」カテゴリの記事

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弾みをつけて、フェブラリーS(G1)へ。☆シルクフォーチュン | トップページ | 京都記念(G2)・登録馬一覧 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ