2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.226 | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆シルクベルジュール »

2012年2月19日 (日)

スタート悔やまれるも、自分の競馬に徹してマイルを克服。2着に健闘。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

東京11R フェブラリーS(G1・ダ1600m) 2着[4番人気]

藤岡康騎手「スタートが良くなかったですし、芝の部分でスピードに乗り切れずに、置かれてしまいました。そこからはスムーズで流れも向いていましたし、それに勝ち馬は道中でハミを噛んでいたのがわかっていたので、ハマったかなと思ったんですけどね。南部杯の時よりも、最後までしっかり脚を使っていましたし、距離は大丈夫ですね」

藤沢則師「前回もゲートで煩い所を見せていたので、何度か練習に行きましたが、競馬ほど煩い所は見せていなかったので、競馬の週は練習に行きませんでした。今回はかなりゲートで煩かった様ですが、さすがにGⅠで、パドックの雰囲気が違ったことも気にした影響があったと思います。出遅れて、さらに芝で行き脚が付かなかったこともあり、位置取りが思っていたより後方になってしまいましたが、ジョッキーが焦らず乗ってくれたこともあって、最後は詰めてきました。この後はゲート再審査があるので、それまで縛って観念させようと思います。次走については、現時点で適当な番組が見当たらないので、クラブサイドや担当者とも相談して考えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○藤岡康騎手 「展開は向いていたし、最後もしっかりと脚を使ってくれました。ただ、思ったよりもスタートが今ひとつでしたし、スピードに乗り切れずにそこで離され気味になってしまいましたね。今日の感じではマイルでも大丈夫、力をつけています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方2番手を追走と、この馬のいつもの位置取り。終いは最速タイの上がりで追い込んだが、勝ち馬には一歩先に抜け出された分が大きい。自分の競馬に徹して、力を出し切る。(B誌)

【制裁】【馬の出走停止・調教再審査】

シルクフォーチュンは、2月20日から3月11日まで出走停止。停止期間の満了後に発走調教再審査。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】フォーチュン2着!藤岡騎手「今後方後が楽しみ」

2番手から鋭い末脚を発揮したシルクフォーチュンが2着に健闘。最後の600メートルの35秒7のタイムは、勝ったテスタマッタと並び最速だった。

これまで1600メートルでは3戦して3着が最高だったが、この距離にも対応できることを証明。藤岡康騎手は「悔しいけど、今後が楽しみ」と笑みを交えていた。(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

結果的にはスタートのロスが響いた形ですが、自分の競馬に徹して、持てる力を発揮してくれました。勝ったテスタマッタは完璧なレース運び、騎乗だったので仕方ないですね。

馬体重は前走から増減なし。毛ヅヤも良く、前走同様に素晴らしい張りを維持していたと思います。パドックで煩い仕草はありましたが、これはいつものことで東京での競馬も慣れてきたんでしょうね。地下馬道でも変わりなかったですし、返し馬でも勢い良く飛び出しましたが、顎を引いて、集中力も凄かったです。フォーチュンの心身の成長もあるでしょうが、スタッフの方の尽力の賜物だと思います。

レースはゲートの遅れは半馬身ほどでしたが、そこから芝ということで、行き脚がつきませんでした。まあ、それでもダートに入ると、返し馬の時のように集中力を保ち、凄い手応えで追走していました。そして、4角で内から外へ持っていく感じは、根岸Sの再現を予感しましたが…。もう1頭、前で凄い勢いで回ってきた馬がいました。テスタマッタには大井でも激走されていますし、噛み合えば凄い力を発揮してしまいます。

フォーチュンは馬体を併す形にならないように、藤岡康Jは左鞭で叱咤激励して、2着を確保。南部杯から1つ着順を上げてくれました。最高のデキで最高の展開。絶好のG1奪取のチャンスでしたが、フォーチュンの頑張りを称えたいと思います。

それにしても、フォーチュンと藤岡康Jとの相性はピッタリです。これからもこのコンビで頑張って行ってもらいたいです。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.226 | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆シルクベルジュール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

ほんとに惜しかったですね〜。
スタートの不利と、勝った馬は結果的に懸念されてた大外枠が功を奏した感じになりましたね。
マイルまでならかなりやれる手応え掴んできたんじゃないですか!!

こんにちは!
2着、すばらしいですね!
このメンバーでこの走りはスゴイです!
WINSで「うわー」って叫んでました(^_^;)

うりぼ~さん、こんばんは
フォーチュンはうまいレース運びだったと思いますが、勝ったテスタマッタが1枚上でした。

繊細な気性なので、地方へ輸送した時にイレ込みなど不安があるのですが、慣れは必要なので、地方交流重賞にも出て行ってもらいたいです。

toraumaさん、こんばんは
スタートだけが惜しかったですが、前走の根岸S同様にうまく直線を駆け抜けてくれたと思います。テスタマッタには、シルクメビウスが大井で見事に差されていますし、強さを再認識させられました。藤岡康Jとの相性は凄いので、今後も1つ1つ大事に戦って行ってもらいたいです。

焼き魚定食さんこんばんはm(_ _)m


シルクフォーチュンは本当に素晴らしい馬ですね~☆


個人的に好きな馬ですが、今まで馬を持つならやはり芝で走ってもらいたいからダートはなぁなんて自分がいましたが、フォーチュンを見ているとこんな素晴らしい馬持ってみたいと改めて思いました!


今後適当なレースがないみたいだから、どこにいくかは分かりませんが、次走も楽しみに待っています(^_^)v

ボビー777さん、おはようございます。
芝はより血統的な素質が大きく影響してくるので、安い馬となると、ダートをこなせるかどうかの保険は必要かなと思います。また、ダートの方が層が薄いので、動きの良い馬は狙い目かなとは思います。フォーチュンは3歳春までは前に行って甘い馬でした。骨折で1年1ヶ月休んだ後に、復帰戦で前が詰まりながらも最後に良い脚を見せたのが転機になりました。予想外の変貌ぶりですね。

今までは環境の変化に動じやすいので、地方への遠征は消極的でしたが、賞金も加算したので、地方交流重賞に視野を向けて行ってもらいたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.226 | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆シルクベルジュール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ