最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 相手が強くなった分だけ、新たな強さを見せる逸材。☆ロードカナロア | トップページ | 一気の距離延長にも対応し、掲示板を確保。☆ロードランパート »

2012年1月29日 (日)

長い直線を味方に、大外一気の末脚発揮。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

東京11R 根岸S(G3)(ダ1400m) 優勝 [4番人気]

藤岡康騎手「返し馬から良い雰囲気でした。スタートはいつも通りでしたけど、最後は良い脚を使ってくれましたね。ゲートの中では立ち上がろうとしましたが、何度かやった後は落ち着いていました。ゲートは先に入れた方が良いのかもしれません。道中は少しハミを噛んでいたけど、良い感じで脚をタメられました。このスローペースで良く差し切ったと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

藤岡康J 「勝てて良かったです。返し馬から雰囲気が良かったし、前回から調子を上げているとも聞いていたので、いつものこの馬の競馬をしました。スタートはいつも通り遅れ気味だったのですが、道中は自分から行く気を見せて、抑えるのに苦労したぐらいです。この感じならスペースさえ開けば、と思いました。最後はいい脚を使ってくれましたね。賞金も加算できたし、次の大一番でも面白い競馬をしてくれると思います。期待しています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 5 9 シルクフォーチュン 牡6 57.0 藤岡康 1.23.5   34.9 藤沢則
2 2 4 トウショウカズン 牡5 56.0 田辺 1.23.7 1 1/2 36.0 領家
3 6 11 テスタマッタ 牡6 58.0 岩田 1.23.7 ハナ 35.3 村山
4 8 15 タイセイレジェンド 牡5 56.0 内田博 1.23.7 クビ 36.3 矢作
5 3 5 ダノンカモン 牡6 56.0 福永 1.23.8 クビ 35.7 池江寿

【次走へのメモ】

下げて最後方から。勝負どころで動かずに我慢してコースロスを避け、直線に入ってから外に持ち出す。スローで馬群が固まっていただけに、これは好判断。それにしても今回は凄い弾けっぷり。完勝だった。(G誌)

気合乗る。好気配。ゆっくり出す感じでポツンと最後方。道中はタメを利かして死んだふり。4角を回りきってスッと外へ持ち出すと、残り300メートルからごぼう抜き。圧巻だった。直線の長い東京ダート1400で本領発揮。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【根岸S】フォーチュン直線一気!重賞V2

持ち前の強烈な決め手が大爆発。ダート界屈指の切れ者・シルクフォーチュンが直線だけでまとめて15頭をぶっこ抜いた。

道中は最後方。やや行きたがる素振りを鞍上の藤岡康太騎手になだめられながら追走すると、4コーナーで徐々に外へと進路を求めた。迎えた直線。藤岡騎手の叱咤に応えるように大外を豪快に伸びると、一気に他馬を飲み込んだ。上がり3Fは、もちろんメンバー最速の34秒9。後続に1馬身半の差をつける圧巻の追い込みで、重賞2勝目を飾った。

11年プロキオンSに続き、2度目の重賞制覇もアシストした藤岡康太騎手は「状態は上向いていると聞いていましたし、返し馬の時から良さを感じていました。直線で伸びてくれるだろうと思っていたが、その通りいい脚を使ってくれましたね」と破顔一笑。これでシルクフォーチュン&藤岡康騎手のコンビは【2.0.3.0】(複勝率100%)となった。「大一番でも面白い競馬ができる」。今度はフェブラリーS(2月19日、東京、G1、ダート1600メートル)で、人馬一体の圧巻パフォーマンスを披露するはずだ。

シルクフォーチュンは父ゴールドアリュール、母シルクエスペランサ、母の父Alwuhushという血統。通算成績25戦7勝。重賞は11年のプロキオンS(G3)に続く2勝目。藤岡康太騎手、藤沢則雄調教師はともに同レース初制覇。(サンスポ・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「稽古の本数が少ない」「夏場に比べると張りが足りない」と勝手なことを言ってしまっていましたが、土日9頭出走の大トリとして、シルクフォーチュンが上がり34秒9の自慢の末脚を発揮して、大外からまとめて面倒を見てくれました。

馬体重がプラス6キロと聞いて、「ダメだろうなあ…」と諦めモードでしたが、パドックでは煩かったですが、イレ込みとはちょっと違う感じでした。後から言えば、南部杯のようなパドックだったと言えるかもしれません。返し馬でも首を下げて気合は十分でした。

ゲートに入った後は、中でガチャガチャと嫌な雰囲気。何とか最悪のタイミングは外して、ダートスタートも大きな遅れにはならなかったのかもしれません。ただ、フォーチュンの好走パターンと違って、ほぼ平均的な流れ。他のダートレースで、先行策から内めを抜け出して勝っているイメージが強かったので厳しいかなと。ただ、持ったままで追走できていましたし、うまく外へ持ち出した後は…。南部杯と違って、1ハロン短い分、しっかり伸び切ってくれました。

今日の勝ちはいつものHペースに乗じて、追い込んでくるのとは違って、外からねじ伏せるような内容。1400がよほど合うんでしょう。あとは、記事に書かれているように、騎手との相性も凄いものです。今日は多分、フォーチュン1鞍だったと思います。

今後を考えると、ここで収得賞金を加算できたのは大きいです。前走後、放牧に出さずに、厩務員さんがしっかり立て直してくれたことに感謝です。この後はフェブラリーSに向かうようです。ラスト1ハロンは課題になってくるでしょうが、フォーチュンらしい競馬に徹してもらえればと思います。

« 相手が強くなった分だけ、新たな強さを見せる逸材。☆ロードカナロア | トップページ | 一気の距離延長にも対応し、掲示板を確保。☆ロードランパート »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん改めてシルクフォーチュン優勝おめでとうございますm(_ _)m


フェブラリー少し色気持って待っても良さそうですよね~o(^-^)o


スタート良く出て大差ない位置取れればフェブラリーま行けると楽しみにしています(^_^)v

ボビー777さん、フォーチュンへのお祝いのお言葉改めてありがとうございます。
自分の武器を持っている馬なので、いつ走っても不思議ではないですし、逆に凡走も十分あるタイプです。ただ、藤岡康Jとコンビを組むようになって、凄く相性が良いので堅実さが出ています。

次は1ハロン延長と芝スタートは大きな課題ですが、レースが流れて+直線向かい風ならひょっとしたらの可能性が…。南部杯のレースを良い材料にして、頑張ってもらいたいです。

たびたび失礼いたします^^;
でも、どうしてもフォーチュンのお祝いをお伝えしたくて・・・^^;

シルクフォーチュン 優勝圧勝おめでとうございます!
超~感激感動の主役、素晴らしかったです!

そして次はG1とのこと。
おめでとうございます!!

昨年のメビウスの出走に続き今年はフォーチュンが!
再び休日の調整に動きたいと野心が芽生えています^^

めちゃくちゃかっこいいです!憧れ~!!
これからの飛躍をますます楽しみに そして健康をお祈りしています!!

フォーチュン お疲れさまでした。感動をありがとうございました。

流星さん、こちらにもありがとうございます。
フォーチュンは追い切りを見てデキは良さそうに思いましたが、勝つとはビックリしました。決め手という武器を持っているのは大きいですね。次はG1になりますが、4~5番人気くらいでしょうから、気楽に1発を狙ってもらいたいです。ボルトが入ったままでよく頑張ってくれています。

メビウスも今年の春には戻ってきてもらいたいです。脚元さえ回復してくれば、気迫に満ちた馬なのでレースに行っての衰えは感じさせない馬だと思っています。

たくさんの愛馬への応援、お祝いのお言葉重ねて御礼申しあげます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相手が強くなった分だけ、新たな強さを見せる逸材。☆ロードカナロア | トップページ | 一気の距離延長にも対応し、掲示板を確保。☆ロードランパート »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ