2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 2011年の出資馬の成績 | トップページ | 様子見なお馬さん(シルク) »

2011年12月25日 (日)

新星誕生

レース後のコメント(ラジオNIKKEIのWEBサイトより)

1着 アダムスピーク C.ルメール騎手
「どのようなレースをすべきか、この馬はわかっています。能力の高い馬で、スタミナもありますし、いい末脚もあります。クラシックを含めて、大きなレースを狙える馬だと思います」

2着 ゴールドシップ 安藤勝己騎手
「スタートで一完歩遅れてしまい、後ろからになりました。でも、その後は自分から動いて伸びています。強くなりそうな馬です」

3着 グランデッツァ 秋山真一郎騎手
「強いレースをしてくれましたが、いつもと違って外に逃げるようなところがありました。でも、最後までがんばってくれました。残念です」

4着 トリップ 岩田康誠騎手
「道中はリズムよく走っていましたが、4コーナーで前に並ぼうとして並べませんでした。キャリアの浅さが出たのかもしれません。でも、経験を積めば強くなりそうです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来年のクラシックを狙う好素材が集まったラジオNIKKEI杯2歳S。札幌組と中央デビュー組との対決を注目しましたが、それらを尻目に内から鋭く抜け出したのがキャリア1戦のアダムスピークでした。

デビュー戦からセンスの良さを随所に見せていましたが、今回もキャリア不足を露呈することなく、内々でロスのない立ち回り。直線で狭くなるシーンがありましたが、進路を見つけて抜け出してくる脚は速かったです。

ディープブリランテと比べると、レース振りに大物感は感じませんが、折り合いを苦にしませんし、混戦になればなるほど力を発揮するタイプと思います。派手さはないですが、勝負強いお馬さんです。

2着は勝負どころで動いていって、直線でもう一度加速して伸びたゴールドシップ。少し余裕のある造りに感じましたが、踏み込みが強く、まだまだ力をつけて行くと思います。引き続き、注目していきたいお馬さんです。

3着は札幌2歳Sの覇者グランデッツァ。少し行きたがるところはありましたが、自分から動いて行って抜け出す競馬。正攻法で強いレースをしていますが、筋肉痛の影響もあったかな…。もう少しタメて行って、瞬発力を生かすレースの方が合いそうにも思います。

1番人気のトリップは、ゴールドシップが捲くり気味に動いていった時に、被されまいと動いて行きました。最後は血統からくる鋭さ、切れの差でしょうか。4着という結果も残念ですが、グランデッツァを捕らえられなかったのは不満に思いました。

« 2011年の出資馬の成績 | トップページ | 様子見なお馬さん(シルク) »

競馬(POG)」カテゴリの記事

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さんこんばんわm(_ _)m


アダムスピークは強かったですねぇ~☆正直グランテッツァがもう少し動ける状態ならどうだったのかとは考えますが、見応えありのレースでした♪

ボビー777さん、おはようございます。
2戦目で時計を詰めましたし、アダムスピークのレースセンスは光りました。クラシック路線でも楽しみな1頭が誕生ですね。グランデッツァは力を示していますが、もう少しタメて乗った方が更に良さが出るのかなと思います。

来年の牡馬クラシック戦線は層が厚そうですが、故障さえしなかったらディープブリランテが勝ち続けると個人的には思っています。

焼魚定食さん、こんばんは☆
アダムスピーク強かったですね。
キャロットの快進撃が続いているのに1頭も出資できていないのが情けないです。
この馬も個人的にはキャロディープでは一番注目していたのですが、掲示板情報に惑わされてしまいました(><;
上が走っていないのに、15万円ってのも手が出しにくい価格帯であります。
これでこのレース4年連続してヘイローのクロスがある馬が優勝したそうですね^^;

ディーププリランテは今後控える競馬をしてどうかな?ってのはありますが強そうですよね。
来年はディープ仔がやっとクラシックを勝てるのかな?
ラジオNIKKEIが終わって、愛馬だけじゃなく2つ参加しているPOGでさえもほぼ先が見えてきてしまいました(涙)

ぼんちゃんさん、こんばんは
アダムスピークは時計も楽に詰めましたし、レースセンスは高いですね。ただ、その分、大物感はどうなのかなあという印象です。大崩れはないタイプでしょうね。

キャロットのディープ牡馬は、総じてレベルが高いですね。価格もそれだけ素質を感じるだからこそだと思います。ただ、さすがに出資するとなると迷ってしまいますね。これからは余計に取り合いが激しくなるんでしょうね。

ディープブリランテは、東スポ杯2歳Sであれだけ行きたがっても、直線はまだまだ伸びてくるんですから、持っているモノが違うんでしょうね。マイネルの岡田さんも昨日、グリーンチャンネルで絶賛してました。無事に行けば、2年連続の三冠馬までありそうな雰囲気です。矢作調教師なのでダービーの後、海外挑戦しちゃうかもしれませんね。トリップはやはりダートの方が良いのかなあ。

牝馬はジョワドヴィーヴルがいますし、サンデーレーシングで春の大レースをほとんど制覇しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年の出資馬の成績 | トップページ | 様子見なお馬さん(シルク) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ