最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(古馬・放牧組) | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.205 »

2011年11月11日 (金)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.223

(東京11R)京王杯2歳S(G2)

◎モンストール、○オリービン、▲レオアクティブ、△ゲンテン、×ダイワインスパイア、×エーシンブラスター

新潟2歳Sでジャスタウェイの追撃を振り切ったモンストールの完成度&地力を信頼。マイルよりも1400の方が更に安定感があるでしょうから、無敗で暮れのG1に向かいたいところ。

対抗はまだ未勝利を勝ったばかりですが、器の大きいオリービン。1戦ごとに上昇して行きそうなタイプですし、稽古は動くタイプとは言え、今週の追い切りも魅力十分。ここにいきなりぶつけてきたのは、それだけ橋口調教師の期待が大きいという証。

中1週と間隔が詰まりますが、左回り・1400がベストのレオアクティブ。勝ち味に遅いところがありますが、終いの脚は確実。キャリアの浅い2歳戦でテンが速くなれば、この馬には願ったり叶ったり。東京開催で安定した騎乗を続ける横山典Jとのコンビも魅力。

ゲンテンにとって、マイルから1ハロンの短縮は折り合いに課題が残るだけに好材料です。東京の長い直線は減点材料ですが、道悪でパワーを生かせる馬場なら浮上します。

×の2頭はキャリア不足も、素質は確か。特にこの条件でメイクデビューを勝ち上がったダイワインスパイアは、道悪でも時計が優秀でしたし、侮れないところ。エーシンブラスターは元々芝でのデビューが予定されていた期待馬。デビュー戦は新馬戦を除外されて未勝利戦へ。出遅れて砂を被る苦しい展開の中、直線だけでキッチリ前を捕らえた脚力は非凡。

« シルクなお馬さん(古馬・放牧組) | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.205 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(古馬・放牧組) | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.205 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ