2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 直線でいつものような脚を使えず、9着に敗れる。★シルクフォーチュン | トップページ | スタミナ比べのタフな流れでは出番なく…。★レディアルバローザ »

2011年11月13日 (日)

苦しい位置取り+切れ味勝負になって、7着に敗れる。★ロードオブザリング

Photo_5 ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

11月13日(日)京都10R・ドンカスターC・混合・芝2000mに池添Jで出走。10頭立て3番人気で1枠1番からスローペースの道中を8、8、9、9番手と進み、直線では内を通って1秒1差の7着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム2分00秒1、上がり35秒2。馬体重は2kg減少の498kgでした。

○池添騎手 「同じ京都でも実績を残しているのは外回りコース。勝負処から勢いを付けて上がって行けるのに加え、もう少し距離も欲しいタイプでしょう。また、今回は休み明けの一戦。随所に久々の影響が感じられたのも確かです。ここを使って具合が上向くはず。順当に良化を遂げれば、もっと次は走れると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ゲートをフワッと出てしまう。後方の内目で追走。コースロスなく立ち回ったとはいえ、久々で瞬発力勝負になったのはつらかったかも。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイナス2キロでの出走となったリングですが、パドックでの第一印象は、こじんまりしているように映りました。ちょっと気力に欠けている感じでしょうか。

レースはスタートしてからの行き脚がなく、中団より後方の位置取り。3コーナー手前では10頭がほぼ一団の競馬となりました。そこからは1ハロン11秒台が続くレース。久々で反応が鈍かったリングは追っ付け通し。手応えはありましたが、そこからグッと来る脚はなく、ラスト1ハロンは流した感じで7着に敗れました。

もう少し動けるかなあと思っていましたが、厳しい位置取りになり、勝負どころの反応も久々を感じさせるものでした。芝2000での切れ勝負では苦しいですね。

ここを使って、馬がシャキッとしてくれることを願うばかりです。馬体重ももう少し合った方が良いでしょうし、距離も芝2400前後で使って行ってもらいたいです。

(追記)

池添騎手もコメントでも、ちょっと距離は忙しいとのこと。切れる脚を使うタイプではないので、スタミナ比べが理想的です。ひと叩きして、良い方に変わってくることを願っています。

« 直線でいつものような脚を使えず、9着に敗れる。★シルクフォーチュン | トップページ | スタミナ比べのタフな流れでは出番なく…。★レディアルバローザ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直線でいつものような脚を使えず、9着に敗れる。★シルクフォーチュン | トップページ | スタミナ比べのタフな流れでは出番なく…。★レディアルバローザ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ