2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ウォーキングマシンでの運動を開始。☆ロードガルーダ | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬・検討中) »

2011年11月 1日 (火)

ロードなお馬さん(2歳・ケイアイF組)

Photo_3 ロードアクレイム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。先週と比べて大きな変化は窺えぬものの、それ自体も良い意味で捉えられると思います。遅生まれの分だけ、まだ馬自身が全体的に若いのは確か。呼吸器官を含めて、これから段々と丈夫さを増すのでは・・・」

Photo_3 ロードヴェッケン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。調教レベルを高めた以後も、良い意味で変わった様子は無いですね。馬体には多少の緩みが感じられるものの、これまでの経緯を踏まえれば許容範囲。乗り込みが進むに連れて、着実に引き締まると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アクレイムは、調教のペースを緩めずに乗り込めているのは何よりです。ただ、入厩を意識するところに来ていた時は、「心身共に着実に成長を遂げている感じ」とコメントされていましたが、「馬自身が全体的に若いのは確か」とコメントされたということは、まだまだ時間を要する感じです。この感じだと、年内の再入厩も微妙な印象を受けます。喉の不安もしっかり解消できていないのも気掛かりです。

ヴェッケンは、ペースを上げずに3週間ほど経過しました。キャンターの本数を2本に増やしても、球節に不安が出ていないのは何よりです。まだまだ緩んでいるので、もう少しこの調教内容で様子見した方が良いのかなあ。ここに来て、良い方に進んでいるので、これからも慎重に進めてもらいたいです。

« ウォーキングマシンでの運動を開始。☆ロードガルーダ | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬・検討中) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードアクレイム」カテゴリの記事

(引退)ロードヴェッケン」カテゴリの記事

コメント

アクレイムもヴェッケンももう少し時間を要しそうですね!

両頭とも問題を早く解決し、身体をしっかり作って入厩を迎えて欲しいですねo(^-^)o

ボビー777さん、こちらにもありがとうございます。
アクレイムは、ちょっと黄色信号です。内面の成長がかなり遅いような気がします。前進しているようで、前進できていません。

ヴェッケンは乗り出しが早かったように、体力はありそうです。あとは脚元が問題なく進めて行ければと思います。もう少し地道に下地づくりをしてからですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォーキングマシンでの運動を開始。☆ロードガルーダ | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬・検討中) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ