2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.194 | トップページ | 日曜日・出資馬の結果 »

2011年9月18日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.208

(阪神11R)ローズS(G2)

◎ホエールキャプチャ、○ビッグスマイル、▲マルセリーナ、△エリンコート、×キョウワジャンヌ、×ハッピーグラス

春を賑わせた3頭の牝馬の登場で楽しみな1戦。ただ、本番は京都内回り芝2000と条件が異なるだけに、そのまま次に繋がるとも言えない1戦かと思います。

仕上がり具合と真ん中の枠で外に振らされにくいことを考えて、ホエールキャプチャを本命に。ポン駆けも利くタイプですし、この距離・条件は力を発揮しやすい筈。ここは結果を残して本番へ。

対抗は、使われてきた強みでビッグスマイル。距離延長とコース形態を考えると本番は苦しいかと思いますが、この条件なら通用しても。前走の抜けてくる脚は圧巻だったし、前走よりも更にデキを上げている印象。少しでも流れが向けば、突き抜けまで。

マルセリーナは叩いて良くなるように、本番を見据えた調整過程。それでも今週の稽古では良い瞬発力を披露しました。乗れている福永Jがどう乗りこなすか注目。ただ、ここで無理はしないと思う分、3番手の評価に。

エリンコートは自在性があってと混戦に強い馬。どちらかと言えば、本番のコースに適応があるかと思います。それでも3連勝して樫の女王に。ひと夏越して、成長も感じるだけに、ここでどういうレースをするか、現状の力関係を図る上でも注目したいです。

キョウワジャンヌは距離が課題になりますが、こちらも前走の末脚は目を見張るものがありました。馬体重を増やしながらのこの充実ですから、本格化かと思います。内枠でロスなく立ち回れば、脚もタメられるかと。5番手評価も1発の魅力は感じます。

ハッピーグラスは、春は押せ押せのローテでしたが、ひと息入れて小柄な馬ながら、成長を感じさせます。前々で立ち回れますし、馬込みも気にしない根性の持ち主。上位馬とは決め手の差はあるでしょうが、相手なりの安定感があります。前走でダコールを負かしているのも好感です。

(中山11R)◎セントライト記念(G2)

◎ハーキュリーズ、○トーセンラー、▲サダムパテック、△ムスカテール、×ユニバーサルバンク、×ヒットザターゲット、×ベルシャザール

非常に難解で個人的な好みを多分に含んだ予想です。

ある程度、前々で競馬が出来て、最後にもう一脚、瞬発力を活かせる展開となると、ハーキュリーズが面白いかなと。早めに夏場を切り上げて、ここに備えたのも好感。見せ場は十分あるかと思うのですが。

対抗はトーセンラー。春2戦は案外な結果だったので、買い被りしているとも言えますが、ひと夏の成長と右回りに変わって、見直したいと思います。とりあえず、菊花賞までは買いたいと思います。後方に構えすぎず、ある程度の位置で脚をタメて競馬が出来れば。

実績上位のサダムパテック。距離の伸びる本番は厳しいかもしれませんが、この条件なら十分対応できると思います。良馬場でやれそうなのもプラス材料ですし、力は無視できません。

ムスカテールは中山芝2200向きとは言えませんが、本番の菊花賞に出て欲しい馬。ここ2走は結果的に出遅れが響いていますが、最後は良い脚を使っています。特にプリンシパルSは勿体ないレースでした。ポン駆けも利くタイプですし、穴の魅力が。やはりここもゲートロスをどう挽回できるかに係っているかと思います。

あとは、前々で渋太く立ち回れそうな馬をピックアップ。ショウナンバーズも余裕があれば。個人的に評価を落としていますが、ベルシャザールは最内枠と速い時計決着をどう対処するか注目したいです。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.194 | トップページ | 日曜日・出資馬の結果 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.194 | トップページ | 日曜日・出資馬の結果 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ