2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 疝痛を発症して、栗東トレセン診療所へ★ロードオブザリング | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄HP組) »

2011年8月30日 (火)

9月1日、函館競馬場へ移動します。☆ロードカナロア

Photo_3 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク2000m→キャンター3000m(1ハロン18~20秒ペース)。9月1日(木)に函館競馬場へ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。強い稽古こそ課していないものの、坂路とダートで入念に乗り込めています。ウチへ戻って約3ヶ月半。脚元も落ち着いており、いつでも準備OKと言える状態です。近日中に函館競馬場へ向けて出発の予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

葵S1着以来、ケイアイファームで充電されてきたロードカナロア。9月上旬に移動予定でしたが、早速に1日に函館競馬場へ移ることになりました。その後は、栗東の気候に応じて、再移動ということになるでしょう。

ここまで休んでいる間に、ダッシャーゴーゴー、カレンチャン、トウカイミステリーが重賞を制し、“短距離王国”として、安田隆厩舎はクローズアップされています。その3頭に注目が集まり、充電していたカナロアはちょっと蚊帳の外に。重賞を勝っていないから仕方ないところではありますが、これから1戦ごとに存在感を見せていって欲しいものです。

« 疝痛を発症して、栗東トレセン診療所へ★ロードオブザリング | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄HP組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 疝痛を発症して、栗東トレセン診療所へ★ロードオブザリング | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄HP組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ