2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳・北海道組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

2011年8月 2日 (火)

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_4 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンディションは上向き。だいぶ復調を遂げたと思います。キビキビとした身のこなし。徐々にステップアップが図れており、その後も体調面に問題は無いですね。夏場は北海道で鍛錬を重ねる予定。芝、ダートどちらも走れるタイプでは・・・」

Photo_4 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~18秒ペース)。もしくは三石軽種馬共同育成センターで並脚1000m、ダートコース・ダク2000m→キャンター3000m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「引き続き、坂路とダートを併用しながらの調整。相変わらず順調ですよ。全体の雰囲気も上々。これぐらいの身体つきで良いと思います。ただ、始動の予定は秋。オーバーワークを招かぬよう注意を払いつつ、コツコツと鍛錬を重ねましょう」

Photo_4 ロードアクレイム(牡・藤原英)父ディープインパクト 母レディパステル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。騎乗調教を始めてからも体調は安定していますね。精神的にも上手くリラックス出来ている感じ。母レディパステル譲りの幾らかピリッとした面は持つものの、気性的な難しさとは全くの別物ですよ」

Photo_6 ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分。

○当地スタッフ 「目立った変化は無し。まだ右前脚の球節も完全にスッキリ・・・とは言えぬ感じです。中途半端に進めるのは逆効果。状態が落ち着くまで我慢が必要でしょう。余裕を持たせている期間は給餌量もセーブ。外見的に大きく緩んだ印象は受けませんよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードの2歳愛馬の近況です。好調なペースで厩舎に送り出しているロードの中で、居残り組みの4頭です。慌ててもどうしようもないので、気長に待つのみです。

ハリケーンは今週も順調なステップアップ。芝で頑張って欲しいですが、ダートも苦にしないのは1口馬主的には大きな武器だと私は思っています。お盆明けから8月末までには15-15のところまで乗れるようになれば。

ガルーダだけは、好調すぎて不安です。まだまだコツコツ乗り組むんですね。ホント故障だけには十二分に気をつけてもらいたいです。

アクレイムは遅生まれですし、心身ともにしっかり成長を促してから再入厩してもらえればと思います。この配合ですし、芝の中長距離で切れのある脚を使える馬になってくれれば。

ヴェッケンは今夏一杯はこのくらいのペースかもしれません。シルクメビウスと同様に球節炎という症状だったのかな? シンボリクリスエス産駒でも気性の穏やかな馬でありますし、楽しみな素材だと思っています。今は乗り出し始めて、うまく行くことを願うばかりです。

« シルクなお馬さん(2歳・北海道組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードアクレイム」カテゴリの記事

(引退)ロードハリケーン」カテゴリの記事

(引退)ロードヴェッケン」カテゴリの記事

(引退)ロードガルーダ」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さんこんばんわm(_ _)mロード牧場組は他に比べると時間はまだかかりそうですが、期待馬が揃っているので、秋位を楽しみにしています!まだロード2歳は勝ち上がりがいないので、この仔達の中から勝ち馬がでるのでは(^O^)

ボビー777さん、おはようございます。
4頭共にじっくり進めた方が後々良さが出てくるかと思います。アクレイムとヴェッケンは弱いところを多分に残しているだけにマイペースで良いかと思います。

池江寿厩舎の2頭に関しては、トーセンホマレボシやワールドエースなどの期待馬も秋の入厩に備えて夏場は牧場に乗られているようなので、厩舎でも期待の高い1頭なのかなと予測しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳・北海道組) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・天栄組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ