2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 弱いところを抱えながら、入念なケアで待望の初勝利☆シルクオフィサー | トップページ | 南関東3冠なるか!?★ジャパンダートダービー »

2011年7月10日 (日)

G3制覇。これまでの鬱憤を晴らす破壊力満点の末脚☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

京都11R プロキオンS(G3)[ダ1,400m・16頭]優勝[9人気]

藤岡康騎手「いくらハマったとは言え、この脚はなかなか使えないですよね。後方から行くのは予定通りだったけど、外には出さずに内を突くように指示を受けていたので、詰まる覚悟はありましたが、上手く捌けたのも良かったですね。本当に強い競馬だったと思います」

調教助手「今までは大外に出した分、捕え切れない競馬だったので、今回は内を突くように言っていましたが、本当に強い競馬でしたね。重賞でも通用する力を持っていると思っていたので、これで証明出来ましたね。賞金も加算出来たので、この後の予定が立て易くなったのも、良かったです」 (レース結果より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 3 6 シルクフォーチュン 牡5 56.0 藤岡康 1.22.1   34.9 藤沢則
2 7 13 ダノンカモン 牡5 56.0 和田竜 1.22.5 2 1/2 36.2 池江寿
3 1 2 ケイアイガーベラ 牝5 55.0 秋山 1.22.7 1 1/2 37.1 平田
4 6 12 コンティネント 牡7 56.0 北村友 1.22.9 1 1/4 36.4 音無
5 8 16 インオラリオ 牡6 56.0 酒井学 1.23.2 2 36.7 池江寿

【次走へのメモ】

脚捌きは硬め。行く気がなく後方から。ペースも速かったので折り合いもスムーズ。いつもと違って外に出さず、馬群を割る形。うまく進路を見つけることができてグイグイ伸びて差し切った。上がり3ハロンの数字はいつもと同じくらいだが、展開も嵌まったし、外を回らなかった分、最後は切れた。(B誌)

ダート馬としてはコンパクトな体で、猛暑でも脚運びが軽い。ケイアイガーベラがハナヘ立ち、馬任せに見えても10秒台のハイラップ。勝負どころから追いかけた組が苦しくなる展開。スタートが一息で慌てずに後方で待機。勝負どころでは大外を回らず、直線は馬の間に迷わずに突っ込む。この馬の末脚を最大限に発揮して突き抜ける。展開も向いたが、良馬場でも持ち時計を大幅に短縮した。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 目の覚めるような一撃でタイトルをもぎ取った。激しい攻防となったラスト1F、馬群を割って1頭すさまじい勢いで突っ込んでくる。道中、最後方にいたシルクフォーチュンだ。直線だけで前との差を詰めると最後はダノンカモン、ケイアイガーベラを一瞬に抜き去り2馬身半差のV。芝並みの上がり3F34秒9で問答無用にねじ伏せた。

 圧巻の勝ちっぷり。鞍上・藤岡康ですら驚くほどの破壊力だった。「最後は乗っている僕がビックリするくらい。凄い切れ味で周りが止まって見えた。乗っていて気持ち良かった」

 コンビを組むのは初めてでも、初コンタクトでパートナーの力を感じ取ったという。「返し馬の時、乗り味が良くていい馬だなって思った」。鞍上はただ良さを引き出すことに専念。息を潜めて虎視たんたんと勝機をうかがっていた。

 「この馬の末脚を信じて乗るだけだったので、前は気にならなかった。じっくり構えて直線の進路は乗った感じで決めようと思っていた。はまったにしても強い勝ち方。よく頑張ってくれた」

 今の脚質からすればダート1800メートルで逃げ切って初勝利を挙げたのが意外。短距離ダートに矛先を向けてからは追い込みのスタイルを築き上げた。展開次第の面もあり、昨秋のオープン昇級後は我慢のレースが続いた。それでも藤沢則師に迷いはなかった。

 「(作戦は)後ろから行って、あとは康太に任せていた。馬は具合が良かったので展開がはまれば、と思っていたけど勝つ時はこんなもの。うまく前が開いたね」

 条件クラス在籍時には上がり3F34秒1を刻んだ経験もある末脚自慢がついに重賞ウイナーの仲間入り。次走はNST賞(31日、新潟)へ。わが道を行く個性派が夏競馬をさらに盛り上げていく。(スポニチWEBサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春先に復帰してからもOPで苦しい競馬が続いていたフォーチュン。ただ、それでも1戦毎にデキは良くなっていましたし、今週の稽古もフォーチュンらしい切れのある動きを見せてくれていました。

ただ、今回は出走枠に滑り込みましたが、重賞で相手も揃っていただけに、さすがに厳しいと思っていました。その中で、戦法として馬群を捌く競馬を試みると言っていたので、どこまで出来るかなと淡い期待を持っていました

今回もスタートは一息でしたが、いつもよりは離されずに最後方を追走できていました。4角で画面の上側に見えたフォーチュンは凄い手応え。「ひょっとしてコレは!」と思いましたが、スッと捌いて来て3番手に上がってきた時には勝ったかなと思いましたが、交わしきる時の脚は久々に凄みがありました。

展開とパサパサの馬場がフォーチュンに向いてくれました。それに絶好のデキがうまく噛み合ってくれました。人気もさすがに落としていましたね。そんな中、競馬ブックの御大、関東の松本憲二氏は、いつもは堅い予想ですが、フォーチュンに◎。○ダノンカモン、▲ケイアイガーベラでしたから見事でした。

私が一口馬主になって初めてレースに出走したのが、シルクフォーチュンです。そして初勝利もフォーチュンでした。3歳春に骨折し、ボルトを入れることになり約1年の休養期間もありました。復帰後は2戦目から破竹の4連勝など、山あり谷ありでしたが、重賞を勝つまでに成長した姿には、シルクメビウスとは違った感慨深いものがあります。この1戦を弾みに、これからも1つ1つ勝利を積み重ねてもらいたいです。

« 弱いところを抱えながら、入念なケアで待望の初勝利☆シルクオフィサー | トップページ | 南関東3冠なるか!?★ジャパンダートダービー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんばんは~
フォーチュンの見事な重賞勝利おめでとうございました!!
今回は内を回す・・って事でしたので、次走以降に向けて上手く実践出来れば・・って思いながら見ていましたので、突きぬける脚色見た時は爽快でした・・(笑)
ブロードアピールに近い衝撃でした!(驚)

でも、もっともっと嬉しかったのがオフィサーの勝利です!(祝)
根気強くやってくれてた大竹先生も嬉しかったでしょうね・・
Wでおめでとうございました!!(祝)

GⅢ制覇おめでとうございます
凄い末脚!でしたね
ロードのアルバ・カナロアの復帰戦にも
その運気残しておいて下さいね
こりゃ今年中に頂点に名を連ねるお馬さんが現れるもかもですね
共に応援できることを楽しませてもらいます

遅れてすみません!!
先週はお互いいい週末になりましたね~♪
フォーチュン、中山でのあの末脚を知っていたので、正直今回が重賞初制覇ってことが信じられないくらいですね。
他の方のコメントにもありましたが、私もブロードアピールが思い浮かびましたよ!!

しかし、さすが焼魚定食さん、これで重賞何勝目?!

けんじさん、おはようございます。
フォーチュン&オフィサーへの応援、お祝いのお言葉ありがとうございます。
状態が良かったからどこまでやれるかなと思っていましたが、馬群から伸びてきた脚にはビックリしました。上がり3ハロンの時計はいつもと変わりませんでしたが、切れ味は数字以上のものがあったように思います。

オフィサーはいつ大きな故障をしても不思議ない状態でしたが、大竹調教師とスタッフの方が根気良くケアに努めてくれたと思います。1つ勝てたことにホッとすると共に、良く1つ勝てたなあとしみじみ思います。後続を突き放す脚にはこちらもゾクゾクとしました。

のんきさん、おはようございます。
フォーチュンへの応援、お祝いのお言葉ありがとうございます。勝つときは派手な馬ですが、今回は全てがうまく噛み合いました。次走以降も今回のようなレースが出来れば、ホント楽しみになってきます。

ご一緒のアルバローザとカナロアもまだまだ良くなってくると思います。特にカナロアは、今までで出資した馬の中では抜けた素質を秘めていると思うので、大事に使ってもらえれば結果は伴ってくる筈です。アルバローザにはエリザベス女王杯で勝負して欲しいですね。楽しみは大きいです。

焼魚定食さんおはようございますm(_ _)m改めてフォーチュン重賞制覇おめでとうございます☆勝ち方がすごかったですね~♪皆さん言うようにブロードアピールみたいなインパクトでしたo(^-^)o

うりぼ~さん、おはようございます。
イタリアンレッドの七夕賞勝ちおめでとうございます。夏場は強いですが、牡馬を完封してのものですから凄いですね。

OPに上がってからは、ちょっと頭打ち状態でしたが、今回は展開と戦法が上手く嵌りました。外をぶん回すのと馬込みを捌いてくるとの違いも身を持って分かりました(笑)。馬込みを捌く競馬で次走も結果が出れば本物かなと思います。

重賞勝ちですが、地方も含めてプロキオンSで5勝目となります。シルクでメビウス以外で勝てたのは凄く嬉しいです。

ボビー777さん、おはようございます。
フォーチュンへ再度お祝いのお言葉を頂き、ありがとうございます。
デビューした頃は詰めの甘いタイプでしたが、骨折して1年休んでから、ガラッと変わりました。派手な勝ち方が多い馬ですが、OPに上がってからは結果が出ていなかったので、重賞レースをぶっこ抜くのはさすがにビックリしました。ギリギリ出走枠に入れた時から運が向いてきていたのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弱いところを抱えながら、入念なケアで待望の初勝利☆シルクオフィサー | トップページ | 南関東3冠なるか!?★ジャパンダートダービー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ