最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スピードを活かすにはこの距離は魅力も、直線でどこまで頑張れるかが鍵。★ロードハリアー | トップページ | 再度芝のレースへ。気難しさを出さずに走れれば…。★エタニティリング »

2011年7月16日 (土)

3歳ダート王決定戦。人気に応えてグレープブランデー制する

話題は南関東3冠がかかるクラーベセクレタに集まりましたが、中央の実績ナンバーワン、グレープブランデーが好位から押し切りました。クラーベセクレタからマークされる競馬で楽ではなかったですが、直線早めに抜け出して、ボレアスの追撃を凌いだ走りは着差以上に強かったと思います。手前をうまく替えれていたら、もう少し楽な競馬だったかもしれません。

ボレアスは鼻出血後のレースでしたが、しっかり立て直してきました。一瞬は突き抜けそうな脚を見せるも、最後はちょっとジリジリに。距離の適性もあるのかもしれません。

クラーベセクレタも直線は見せ場十分。ただ、最後は牡牝の差と強い相手に揉まれたキャリアの差もあるのかもしれません。それでもこれだけやれるのなら、牝馬同士なら中央馬相手に対等以上のレースが出来るかと思います。

逃げることが出来なかったタガノロックオンもダート適性の高さは十二分に証明できたのではと思います。

« スピードを活かすにはこの距離は魅力も、直線でどこまで頑張れるかが鍵。★ロードハリアー | トップページ | 再度芝のレースへ。気難しさを出さずに走れれば…。★エタニティリング »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピードを活かすにはこの距離は魅力も、直線でどこまで頑張れるかが鍵。★ロードハリアー | トップページ | 再度芝のレースへ。気難しさを出さずに走れれば…。★エタニティリング »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ