2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« メイクデビュー・中山(芝・1600) | トップページ | 長い長いトンネルの中へ★ロードハリアー9着 »

2011年6月19日 (日)

メイクデビュー・阪神(芝・1600)

例年のように好メンバーが揃う阪神マイル戦のメイクデビュー戦。今年も早くからディアデラバンデラ、セトブリッジ、ダローネガと各陣営の期待馬がここへの挑戦を表明し、盛り上がった1戦となりました。

少しパドックを見ることが出来たのですが、ディアデラバンデラは、牡馬であの腹構えの寂しさはあれ?っと思いました。まあ、これでも走ってくるのかなとレースを見ました。ダローネガはきっちり仕上がった馬体という印象ではなかったですが、父の産駒らしく骨量のある馬体だなあという印象でした。

レースは、ディアデラバンデラが行き脚がつかずに後ろからの競馬。福永Jが手綱を押していましたが進んでいく気配…。この時点で嫌な予感が。他馬に気をつかっていた感じですね。

一方、勝ったダローネガは行き脚がついて2番手へ。ムキにならずしっかり脚をタメていました。直線を向いて、突き放しにかかると外から1頭、こちらもダイワメジャー産駒エピセアロームが強襲。勢いはエピセアロームで捕らえきったかなと思いましたが、そこからの渋太さというか根性は凄かったですね。最後まで抜かせなかったですし、最後はちょっと突き放し気味のゴールでした。怖がりというコメントは何だったんだという走りでした。

ディアデラバンデラは、直線は内にササっていたようですね。稽古で見せていたような動きは発揮できませんでした。1度レースを使ったことで変わってくるとは思いますが、馬体のイメージからすると、どうなんでしょか。クリスエス産駒は気難しさがネックですね。その点、うちのロードヴェッケンは素直というのはそれだけでも利点かなと思いました。まあ、こちらは現状、体質がネックになりかけていますが…。

« メイクデビュー・中山(芝・1600) | トップページ | 長い長いトンネルの中へ★ロードハリアー9着 »

競馬(POG)」カテゴリの記事

第4回シルク応援隊杯POG」カテゴリの記事

コメント

ダローネガの勝利は身近なぼんちゃんさんの持ち馬だったので喜ばしいかぎりでした♪同じ持ち馬をお持ちの方の馬が勝つのは嬉しいですね☆焼魚定食さんのヴェッケンも早く立て直していい活躍を見せて欲しいですo(^-^)o他にもいい馬がいるので楽しみが多くて羨ましい限りです(^O^)

ボビー777さん、こちらにもありがとうございます。ぼんちゃんさんの持ち馬のダローネガは父譲りの先行力で、併せてからが味がありましたね。ああいうレースが出来れば、大崩れはないかと思います。ヴェッケンはウォーキングマシンの調整になって、はや2ヶ月ですからねえ。デビューとなると、時間は掛かってしまうかと思います。気難しさがないだけに、この夏で体質面でもっとしっかりしてもらいたいです。まずは3歳馬の勝ち上がりを多くしたいですが、2歳馬からも孝行馬が出てきてくれることを願っています。

焼魚定食さん、こんばんは☆
なんだかこっぱずかしいぼんちゃんです^^;
記事にしてくださって有難うございます♪
ダローネガはいろんなところで根性◎って書かれていて嬉しい限りでございます。
あとは、兄たちが体質がいまひとつだったので、この馬もまずは怪我だけが心配です。
無理をさせないようにお願いしたいですね。

ディアデラパンデラは、募集カタログ&動画を見て一番にいいと思った馬でした。
値段&人気的に見送りましたが。
なので走ってもらわないと困ります^^;

今年の2歳馬は、シンクリにいい繁殖牝馬がついているので、どこまで活躍するか、それとも期待倒れなのか見ていきたいと思います。
ヴェッケンもしばらくは我慢の日が続きますが、長い距離がよさそうなお馬さんですし、デビューが遅めでも大丈夫って思っています。

ぼんちゃんさん、こんばんは
改めてダローネガのデビュー勝ちおめでとうございました。怖がりだと言われながら、レースでは父譲りの根性を見せてくれました。佐々木厩舎なら無理使いはしないでしょうから、狙ったレースにしっかり照準を合わせてくれることでしょう。

逆にディアデラバンデラが他馬を気にするようなところがありましたね。素質は誰もが認めるところだと思いますが、ここに向けてしっかり乗り込んできていただけに…。あの腹構えも気になりましたし、少し成長を促すんでしょうね。

2歳はシンボリクリスエスには踏ん張りどころですね。気の難しさが如何に遺伝しているか、していないかがポイントかと。母系の良さが出て、穏やかな表情の馬は走ってくるのかなあと個人的には思っています。ヴェッケンは小休止が長くなりましたが、慎重に見極められている感じがするのは有り難いです。何とか年内に厩舎に入って、デビューのメドを立ててくれればと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メイクデビュー・中山(芝・1600) | トップページ | 長い長いトンネルの中へ★ロードハリアー9着 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ