最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳・牡馬) | トップページ | 脚元の疲れで、帝王賞を回避。秋に備えて再調整へ★シルクメビウス »

2011年6月17日 (金)

滞在競馬とダート替わりで前進を☆エタニティリング

Photo_2 エタニティリング(牝・野中)父シンボリクリスエス 母ウェディングシルク

函館Wコースでキャンターの調整で、9日に併せて時計を出しています。調教師は「輸送後も変わりなく、乗り出しを開始しています。あとは状態次第ですが、来週の函館・D1,700m(牝)を使う予定で進めていこうと思います。ダートの適性がどうかだけど、走りからは十分こなしてくれると思うし、牝馬限定戦なら良い競馬をしてくれると思いますよ」と話しています。(6/13近況)

松 田 16函W良 70.1- 53.4- 38.8- 12.7 一杯に追う ミラーメソロ(三未勝)一杯の外を0.4秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

紅一点のエタニティリングは、函館競馬場に移動して調整が続けられています。過去2走は芝で結果が出ませんでしたので、今度は矛先をダートへ。この馬自身は少し非力かなあとは思いますが、先週の東京競馬で兄ツクバキングが解消したように、ダート向きの母系ではあります。それゆえに一変してくれてもと…。

また、食の細い馬でもあるので、滞在競馬は間違いなくプラス材料。稽古でもビシッと追われているのでその効果が伺いしれると思います。鞍上は誰になるのかな? 厩舎からは秋山Jや藤田Jが考えられますが、日曜日のレースなので、阪神で騎乗することになるのかな。そうすると、今週、稽古に乗ってもらった松田Jや若手Jに落ち着くのかな。

良い感じで調整できているので、この雰囲気を維持して、進めてもらえればと願っています。

« シルクなお馬さん(3歳・牡馬) | トップページ | 脚元の疲れで、帝王賞を回避。秋に備えて再調整へ★シルクメビウス »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)エタニティリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳・牡馬) | トップページ | 脚元の疲れで、帝王賞を回避。秋に備えて再調整へ★シルクメビウス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ