2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.194 | トップページ | スタートを決めるも4角でズルッと後退。また、直線は盛り返すも3着まで☆ロードランパート »

2011年6月12日 (日)

S-POG 2011-2012

毎年、参加させて頂いているのがS-POGさんです。2004年シーズンから参加し、2011年で8シーズン目となります。昨シーズンはオルフェーヴルを3位指名で入札していたので、念願の優勝となりました。

こちらは20頭持ちで重複なしのPOGで、一番上位に入札した方の持ち馬となり、同順位の場合は抽選となります。JRAに競走馬名が登録されれば入札可能となりまして、入札は毎週行われます。だいたいこの順位の枠で獲れそうだなと推測して、皆さん入札されています。

昨日、2011年シーズンの第1回入札があり、指名馬が決まりました。私が入札したのは下記の通りです。

2位 ◎ ビキニブロンド 牝 キングカメハメハ×モンローブロンド
3位 ○ クラレント 牡 ダンスインザダーク×エリモピクシー 
4位 × オーファメイ 牝 ディープインパクト×タイトルド
5位 × アドマイヤバラード 牡 ハーツクライ×プロモーション
6位 ○ フォントルロイ 牡 ゼンノロブロイ×レーゲンボーゲン 
7位 ◎ モルトフェリーチェ 牝 ディープインパクト×レンドフェリーチェ 
8位 × クローチェ 牡 ダイワメジャー クルソラ×Candy Stripes
9位 × クロスミッション 牡 シンボリクリスエス×レースパイロット
10位○ ゼログラヴィティー 牡 シンボリクリスエス×サンヴィクトワール 
13位○ ラシンティランテ 牝 アグネスタキオン×アドマイヤキラメキ 
14位○ スイートジュエリー 牝 キングカメハメハ×スイートテイスト 
15位○ エヴァンバローズ 牡 ハーツクライ×チッキーズディスコ
16位○ ダイワプライム 牡 ダイワメジャー×ミスユーフラン 
17位○ ロードエストレーラ 牡 ジョウテンブレーヴ×アカイリュウセイ 
18位○ シルクパッキャオ 牡 サムライハート×キャンディーベル
19位○ カイシュウタビビト 牡 キングカメハメハ×クリスティーナサンチェス
20位○ クイーンリヴィエラ 牝 ディープインパクト×フレンチリヴィエラ

*1位、11位、12位枠は第1回入札では使用なし。
◎は同順位での抽選勝ち、×は指名順位の差で獲得できず

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

まず、シルク応援隊杯POGでも指名しているビキニブロンドとクラレントが獲得できて何よりです。あとは評判どおりに走ってくれるかですが(笑)。ビキニブロンドは来週にでも安田隆厩舎に入ってくるようです。

この順位の入札なら拾えるかな?と思っていたフォントルロイとモルトフェリーチェ。どちらも運良く、特に後者は抽選で獲得できました。フォントルロイは函館の芝1800を視野に入れているようですし、早期から活躍が出来ればと。モルトフェリーチェは宮厩舎ですが、母が育った厩舎ですし、父の良さを受け継ぎ、兄以上の活躍を期待しています。

獲得できなかった馬ではクロスミッションが欲しかったです。少し外向らしいですが、稽古の動きは目立っているようです。母親はキンカメの半妹で能力は高かったですから、1発あっても不思議ないかと。

ゼログラヴィティーは、エルフィンS勝ち馬サンヴィクトワールの初仔。今年は近親のユニバーサルバンクが活躍しましたし、この血統から大物が出ても。母親はカイバ食いの悪いところがありましたが、馬体は父を彷彿させますし、あとは気の悪さがなければ。

13位以降は、スイートジュエリー以外は単独指名でした。ラシンティランテは、クラフティワイフ系なのでダート寄りかもしれませんが、顔立ちと馬体は父を彷彿させるものがあります。現在は函館競馬場に入って、札幌開催でのデビューを目指しています。

スイートジュエリーはソエで放牧中ですが、入厩時はなかなかの動きを見せていたとのこと。ゲート試験にも合格しているので、しっかり充電してくれればと思います。配合はアパパネもどきです。

エヴァンバローズは、角田=「バローズ」猪熊氏とのライン。馬主の有力どころは中竹厩舎ですが、これから角田厩舎との結びつきも強くなるはずです。父ハーツクライとは少し異なった馬体がどうでるかです。

ダイワプライムは、父と同じく上原=大城オーナーのライン。また、社台Fで育成していたスタッフが父ダイワメジャーと同じスタッフということで期待の程が伺いしれます。まあ、良くも悪くも父ダイワメジャーに一番似ているお馬さんです。既に美浦に入っています。

ロードエストレーラとシルクパッキャオは地味な血統ですが、動きは良く、怪我さえなければ2勝はできるのではという見立てです。

カイシュウタビビトは、領家=山田ステーブルのコンビ。オールアズワンと同じですが、芦毛ながら身の入りがよく、馬っぷりが上々です。動きも目立っているようですし、早期要員として面白いです。

クイーンリヴィエラは、スズカコーズウェイの半妹。黒鹿毛でなかなかスタイルが良いし、父ディープインパクトで柔らかさ、しなやかさが出てくれば。桜花賞を目指してもらいたいです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.194 | トップページ | スタートを決めるも4角でズルッと後退。また、直線は盛り返すも3着まで☆ロードランパート »

競馬(POG)」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、おはようございます!
なかなか面白そうなPOGですね・・(笑)
ピックアップは勿論の事、戦略もかなり重要な要素になってくるんでしょうね。

そんな中にパッキャオ君の名前があって驚きました!!
未知のサムライハートですが、どうやらサンデーRでは産駒が人気したようですね。
まあ、クラブは全然違いますし、馬も違うんですが・・
なんか”保証書”が貰えた気分でとても嬉しいです・・(笑)

けんじさん、こんばんは
1頭持ちなので、他の参加者の入札を予測し、この馬ならこれくらいの順位かなと判断して、入札して行くことになります。また、2回目以降は、Aという馬を同順位で入札した時は、入札の失敗数が少ない人が獲得となります。ある程度はリストを作っていて、狙っている馬が競走馬登録されるまで上位の枠を温存しておくなど色々と作戦があります。13位以降がほぼ単独指名だったのが果たして良かったのか悪かったのかちょっと不安でもありますが…。

各クラブでもちょこちょことサムライハート産駒を見ますね。サンデーレーシングだけでなく、ローレルでもタッソーニの09はなかなか良かったように思います。シルクパッキャオは北出厩舎で躊躇したところがあります。以前にロードアビリティでお世話になっていたので。

ただ、動画の動きも力強く、フットワークも良いですから、真面目に走ってくれれば結果はついてくるかと。ダートも悪くないでしょうし。実際にフロンティアSの評価も高いし、北出調教師も期待している記事をちょこちょこ見かけます。厩舎の扱い云々もありますが、要は馬に力があれば、扱いはガラッと変わってくると思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.194 | トップページ | スタートを決めるも4角でズルッと後退。また、直線は盛り返すも3着まで☆ロードランパート »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ