2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 | トップページ | 目先を替えて、ダートへの挑戦。何とかきっかけを★ロードハリアー »

2011年5月28日 (土)

個人的にダービーといえば vol.2

キングヘイローの新馬戦、黄菊賞を京都競馬場で見ていたので、この世代は、最初はキングヘイローを応援していたのですが、デビュー戦を快勝して武豊をダービージョッキーに導く逸材といわれたスペシャルウィークに心を奪われ、同馬を応援することに。皐月賞はグリーンベルト云々で後味が悪かったですが、本番で捲土重来を期すことに。

前年のダービーはサニーブライアンに撃沈して戻ってくることになりましたが、そのリベンジもかねて、東京競馬場まで見に行きました。

結果を先に書くと、ご存知のように、武豊Jが直線でムチを落としてしまうほど我を忘れて追って、ダービージョッキーの称号を手に入れました。直線で抜け出してくる脚はまさに弾けたという表現がピッタリでした。

そのレース以上に、記憶に残っているのが2点あります。

まず1点が、パドックも見たのですが、福永Jの顔が見事なまでに青ざめていたことです。人の青ざめ表情を見たのはこれが初めてだったと思います。「こりゃ、あかんなあ」と見ていたら、スタートが良すぎて、逃げることにもなってしまいました。

2点目が、その日の東京競馬は、結構ピンク帽(8枠)の馬が連に絡んでいました。本線はキングヘイローでしたが、まあ、来なくても良いやあと、きさらぎ賞でスペシャルウィークの2着に来ていたボールドエンペラーにも少し。この単純の結論が嵌ってくれました。(最終レースも人気薄の8枠の馬ラブシックガイがあっと言わせました。)スペシャルウィークは、秋の天皇賞、ジャパンカップと好配当をもたらしてくれました。ただ、最後の有馬記念は差していてほしかったのですが…。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 | トップページ | 目先を替えて、ダートへの挑戦。何とかきっかけを★ロードハリアー »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 | トップページ | 目先を替えて、ダートへの挑戦。何とかきっかけを★ロードハリアー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ