最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.191 | トップページ | 栗東に戻ってきました☆エタニティリング »

2011年5月28日 (土)

個人的にダービーといえば vol.1

個人的にダービーの思い出深いレースは、やはりフサイチコンコルドが勝ったレース。牧場でも元々評価の高い1頭でしたが、体質が弱く、新馬戦→すみれSの後、プリンシパルSからダービーに向う予定となっていました。そこを熱発で回避してのダービーとなりました。

2戦目のすみれSが行われた日は、ナリタブライアンとマヤノトップガンの壮絶なマッチレースとなった阪神大賞典の日でもありました。その日はえらく堅いレースばかりで、わざわざ阪神まで見に行って、大火傷して帰りました。ここで完勝ぶりを見て、関西の多くの競馬ファンがダービーの秘密兵器と思われたかと思います。

一頓挫あってダービー当日も少し熱が上がったようですが、ダービーでのレース振りはホント強かったです。少しゲートで遅れましたが、スッと内に入っていっての追走。直線は気持ちダンスインザダークが早仕掛けで抜け出したところを、ひと呼吸置いて、しっかり差し切りました。

単勝が27倍くらいしていたので、レース前は単勝をせっせと勝っていましたが、こうビシッと来たのはホントびっくりしました。また、競馬ブックの関東の重鎮、松本憲二さんというTMというか解説者がいらっしゃいます。普段はオーソドックスすぎるやろという印を打つ人として有名ですが、このレースは一頓挫ありながらフサイチコンコルドに◎を打っていたのが今も印象に残っています。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.191 | トップページ | 栗東に戻ってきました☆エタニティリング »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.191 | トップページ | 栗東に戻ってきました☆エタニティリング »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ