最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走の反動もなく、重賞に向けてひとまず順調☆シルクアーネスト | トップページ | 脚元の状態は依然心配も、なんとか区切りの1勝を期待して☆シルクオフィサー »

2011年5月21日 (土)

再度、ピンナJとのコンビで次走は天王山Sへ☆シルクフォーチュン

Photo_8 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

先週4着でした。いつも通り控える競馬で、道中は最後方からレースを進めると、3コーナーすぎから徐々に動き始め、最後の末脚に懸けました。そして直線では、大外から伸び脚を見せると、勝ち負けの争いには加われなかったものの、メンバー中で唯一34秒台の脚を繰り出して、上位入線を果たしています。レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「勝つところまでは行かなかったけど、乗り役も上手く乗ってくれていたし、この馬の競馬はできたと思います。使った後もこの馬なりに落ち着けているし、1,200mならもう少し流れも速くなると思うので、中2週で阪神1週目・天王山Sをピンナ騎手で予定しています。権利を取っておかないといけないと思うので、来週登録できるところは全部特別登録しておいて、確実に権利を取れる番組に出馬投票しようと思っています」と話しています。(5/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OPに上がってからは今イチのレースが続きましたが、ようやく前走で少し明るい兆しが見えたフォーチュン。ピンナJも非常にうまく乗ってくれたと思います。

その後も反動も少ないようで、ダ1200の天王山Sを予定しています。再度、ピンナJが乗ってくれるのは有り難いです。調教師さんも来週は全部特別登録をして権利取りへ執念を燃やしてくれています。阪神の方が上がりが掛かる分、良さそうですし、何とか今度は馬券圏内へは突っ込んできてもらいたいです。

« 前走の反動もなく、重賞に向けてひとまず順調☆シルクアーネスト | トップページ | 脚元の状態は依然心配も、なんとか区切りの1勝を期待して☆シルクオフィサー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走の反動もなく、重賞に向けてひとまず順調☆シルクアーネスト | トップページ | 脚元の状態は依然心配も、なんとか区切りの1勝を期待して☆シルクオフィサー »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ