最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.167 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 »

2011年5月28日 (土)

観客もどよめく出遅れも、直線でもうひと伸びして力の差をまざまざと☆ルーラーシップ

1着 ルーラーシップ(福永騎手)

「調教で乗った時には少し掛かって行くような印象もあったのですが、芝での返し馬の走りは良かったので、いけると思いました。ただ、ゲートで待たされている間に駐立が悪くなってしまって、一番悪い体勢の時にゲートが開いてしまいました。跳び上がるような形でゲートを出て、そこで右の鐙が外れてしまうくらいでしたが、落ちなくて良かったです。その中でもこれだけ強い勝ち方でしたし、力を見せられたと思います。いいスタートが切れればもっと強い競馬が出来ると思いますし、次も楽しみです」(ラジオNIKKEIより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲートを跳び上がるような形で出て、バランスを崩しそうになったルーラーシップ。さすがに出遅れがルーラーシップと確認されると大きなどよめきが起こりました。

一旦、態勢を整えて、徐々に前との差を詰める競馬。3角~4角にかけて良い手応えでスッ~と上がっていきますが、前を行くキャプテントゥーレも抜群の手応え。よく追い詰めたも、さすがに直線で突き放されるかと思いましたが…。

もう一度、外から加速がついてグングンと前を行くキャプテントゥーレに迫ります。そして残り50メートルくらいできっちり捕らえるとは、凄い地力です。遠征帰りで完調ではない中でビックリです。この馬はまだまだ進化していきそうですね。次の宝塚記念が楽しみです。

負けた中では屈腱炎で休んでいたアンライバルド。久々もなかなか良いレースを見せていました。レース後、脚元がスッキリしていれば、まだまだやれるかと。見せ場は十分でした。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.167 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.167 | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.192 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ