最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 相変わらずの坂路での動き☆ロードカナロア | トップページ | ビンナJとのコンビで栗東Sへ☆シルクフォーチュン »

2011年5月13日 (金)

飛節後腫の治療で放牧中★シルクレグルス

Photo_2 シルクレグルス(牡・藤沢則)父アドマイヤドン 母アフリカンスカイ

前走後に調教師は「使った後も変わりはないですが、念のために飛節後腫を治療しようと思うので、一旦天栄に戻します。前走でもまだ気を抜く所を見せていたぐらいで、まともに走る様になればもっと走りそうだね。内容も悪くなかったし、上のクラスでも十分通用すると思うので、今は無理させずに夏以降に備えてケアしてもらいます」と話し、6日に天栄ホースパークへ放牧されています。到着後はひと息入れて状態を確認しています。調教担当者は「右トモに飛節軟腫があり、それを少し気にしているようです。程度としては小さいもので、治療すれば良くなると思いますが、勝ち上がってくれたことですし、馬体も戻してあげたいので、暫くは無理せずじっくりやっていきます」と話しています。(5/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1勝を上げてすぐに放牧に出されることになったので怪我を心配したレグルス。飛節の後ろ側あたりに腫瘤が出来ているようですね。程度としては小さいものらしいので、少し馬房で休養して、ケアに努めてもらいたいと思います。テレサの感じでは夏いっぱいは休養になるのかな。ちょっと残念ではありますが、心身ともにリフレッシュしてもらって、成長を促してもらいたいです。

« 相変わらずの坂路での動き☆ロードカナロア | トップページ | ビンナJとのコンビで栗東Sへ☆シルクフォーチュン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクレグルス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ