最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳馬) | トップページ | ヴィクトリアマイル一週前登録☆レディアルバローザ »

2011年5月 2日 (月)

出入りの激しい流れを冷静に乗り切って盾制覇☆ヒルノダムール

逃げ馬がいなかったこともありますが、G1戦にしては先頭が何度も入れ替わる、レースとしてはどうなんだろうなあ?という落ち着きのない消耗戦となりました。そんな中、内めで冷静に4角まで進めてきたヒルノダムールが、力強く捌いて、馬場の真ん中を抜けてきました。前走で勢いがついたというのもありますが、3200の長丁馬で藤田Jの手綱捌きが光りました。2着は外から勢いよく伸びてきたエイシンフラッシュ。馬体を併せて叩き合いに持ち込みましたが、そこからが詰まりませんでした。得意とは思えないこの距離で結果を出すのだから、さすがに藤原英厩舎です。ナムラクレセントは結果を見ると、立ち遅れたのが痛かったという内容です。トゥザグローリー、ローズキングダム、ペルーサは最初の坂の下りでリズムを崩したのが全てですね。距離も向いていたとは言えなかったでしょうが。

« シルクなお馬さん(2歳馬) | トップページ | ヴィクトリアマイル一週前登録☆レディアルバローザ »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食様、こんにちは!

天皇賞どうでした?
私は武と横典の2頭軸だったので、かすりもしませんでした(笑)
今回の天皇賞ほど、出入りの多いレースは記憶にないですね。

ロイスさん、こんにちは
天皇賞は終わってみれば、この2頭の4歳ワンツーかと印象です。馬連も結構ついたかと思います。天皇賞はスタートして坂の下りで終わっていました。トゥザグローリーは距離も長かったかと思いますが、乗り替わりも大きかったですね。四位Jには一度、稽古で跨って、感触を確かめてもらいたかったです。レースは出入りが激しく、綺麗なレースではなかったですよね。そんな中で冷静に乗り切った騎手のお馬さんが上位に来たレースでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳馬) | トップページ | ヴィクトリアマイル一週前登録☆レディアルバローザ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ