最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 桜花賞 | トップページ | デビューを間近に控えるも…。トモに疲れが見えて放牧へ★シルクプラズマ »

2011年4月 7日 (木)

天皇賞・春に向けて注目のレース☆日経賞&大阪杯

とにかくトゥザグローリーの充実ぶりが目立った1戦でした。道中も凄い手応えでしたし、レースぶりも上手です。追い出してギュンと伸びました。この内容では負かすのはさすがに困難ですね。ペルーサとローズキングダムが2着争い。じっくり構えていた分、ペルーサが先着。ローズキングダムは積極的な競馬。最後は伸び負けしてしまいましたね。

これでトゥザグローリーは天皇賞・春に王手をかけました。あとは未知の距離との戦いですね。ヤマニンエルブが出てくれば、タフな流れになりそう。ベストの距離でもないので、甘さが出るかも。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゴール前は大混戦となりましたが、ヒルノダムールが好位から進めて、抜け出し、最後も何とか踏みとどまっていました。レース運びは強かったです。ようやく1つ勲章をモノに。

ブルーシャドウは堂々のレース内容。あともう少しのところでした。まだ7戦のキャリアですし、これからまだまだ伸びてきそう。また、楽しみな4歳馬の出現です。

エイシンフラッシュとダノンシャンティは59キロという斤量は楽ではなかったですが、力のあるところを発揮してくれました。ダノンシャンティは少し距離が長いかな。

« 桜花賞 | トップページ | デビューを間近に控えるも…。トモに疲れが見えて放牧へ★シルクプラズマ »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜花賞 | トップページ | デビューを間近に控えるも…。トモに疲れが見えて放牧へ★シルクプラズマ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ