最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 折り合って終いを生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ | トップページ | 仕切り直しの1戦。引き続きデキも良好でここはチャンス☆シルクアーネスト »

2011年4月 3日 (日)

じっくり構えて、直線はこれまでにない末脚を披露。念願の重賞制覇☆レディアルバローザ

Photo_2 レディアルバローザ(牝・笹田)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

4月2日(土)阪神12R・中山牝馬S(GⅢ)・国際・牝馬限定・芝1800mに福永騎手53kgで出走。18頭立て10番人気で7枠14番からハイペースの道中を11、10、10番手と進み、直線では中央を通って0秒4差で優勝。4勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分45秒4、上がり34秒4。馬体重は12kg増加の482kgでした。

○福永騎手 「返し馬の雰囲気が上々。以前よりも良化を遂げている感触を得られ、自信を持ってレースに臨みました。スタートは速かったものの、それなりのペースで流れそうなメンバー構成。外枠だったのも踏まえ、ダラダラ走らせるのは避けようと内に入れて我慢させました。あまり直線は上手く捌けなかったとは言え、抜け出す際の脚が全く違った感じ。これだけの決め手があれば更に大きな舞台でも戦えるでしょう。今まで大事に育てて来られたのが、ここに来て花を開いたのでは・・・」

○笹田調教師 「完勝と言える内容。身体が増えていたのも良かったのでは・・・とジョッキーも話していました。しっかり稽古を積んだ上での数字。だいぶ実が入って来たのかも知れませんね。引き継いだ時点からヴィクトリアマイル(GⅠ)を見据えていた馬。この一戦のみならず、先々の楽しみが広がったのは喜ばしい限りでしょう。レース後のダメージ等を改めて確認し、目標までのスケジュールを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団馬群でうまく折り合い、直線に向いてスパート。追い出すと馬群を縫うように鋭い脚で伸びる。同馬に有利な差し馬向きの流れになったとはいえ、いい決め手を発揮。53キロのハンデも生きた感じ。(G誌)

12キロ増でフックラと仕上がる。ポンと出たが、先を急がず中団。直線に向いてから追い出し、内に切れ込みながらもギュンと伸びてコスモの直後に接近。そこから少し外に切り替えて一気に突き抜けた。立て直し効果が大きかったよう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

何とか出走枠に滑り込んだ段階で、53キロの斤量と福永Jとのコンビなら、良いところがあるかなと思っていましたが、アルバローザがやってくれました。

いつもどおりに、ゲートを出て頭一つ出ましたが、福永Jは乗り慣れているだけあって、じわっと下げて中団待機の競馬。馬込みの中で脚をタメながら進めてくれました。

直線を良い感じで向いてからはちょっと狭くなるところもありましたが、抜け出したコスモネモシンの通ってきたところがちょうど良い進路となって、そこを縫うように突き抜けてくれました。コスモネモシンを交わす時はまさに弾けた!という印象でした。

53キロという斤量の恩恵は大きかったですが、いつもよりもじっくり構えて乗ってくれたことで最後の切れ味という新味を見せてくれました。今までのレースが何だったんだというくらいでした。この距離でこの内容なら、ベストのマイル戦、ヴィクトリアマイルが楽しみになってきました。ホント良い時期に賞金を加算してくれましたし、アルバローザは賢いお馬さんです。

笹田厩舎にも嬉しい初重賞制覇となりました。これまでリング、ホーリー、エアフォースとお世話になってきましたし、良かったです。今回は転厩初戦でしたが、じっくりここまで待って、進めてくれたのが好結果に繋がりました。前走の負けが疲れを感じさせた内容でもあったし、良い充電期間になったかもしれませんね。丹念に坂路の時計を重ねながら、プラス体重は馬体が充実してきた証拠かと。次は同斤量での競馬となりますし、アパパネやショウリュウムーンなど相手が強化されます。そこでどこまでやれるかは未知なところもありますが、弾みがつきましたし、大いに期待したいと思います。また、たくさんの方に応援いただきまして有り難うございました。

« 折り合って終いを生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ | トップページ | 仕切り直しの1戦。引き続きデキも良好でここはチャンス☆シルクアーネスト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。

53kgと言う斤量にも助けられた感は
ありましたが
それでも 強い勝ち方でしたね。
ロードの平地での重賞制覇は
パステルが03年府中牝馬Sを勝って以来ですが
今年もロードは昨年以上の好成績を
残せそうですね。
半妹キャトルフィーユへの期待も膨らみます(^_^)v

J.BOYさん、こんにちは
アルバローザへのお祝いのお言葉有り難うございます。斤量も向きましたが、最後は今までにない切れ味を発揮してくれてビックリしました。アルバローザはスタートがいつも良いので、好位から進めてしまいがちですが、特長を良く知っている福永Jだったのも大きかったです。距離も少し長いと思い、いつもよりじっくり行ってくれたかもしれません。

ロードは安定した成績を残していますが、ここに来て楽しみな馬が揃ってきましたね。2歳馬も良いペースで調整されているので早い段階から活躍できるお馬さんも出てきてもらいたいです。

アルバローザの半妹キャトルフィーユがどんなパフォーマンスをするか楽しみですね。

重賞制覇!おめでとうございます!!
このメンバーでの勝利は今後非常に楽しみですね。
ここに来て本格化って感じですね!
G1が楽しみです!!

遊撃馬さん、こんにちは
アルバローザへの応援、お祝いのお言葉ありがとうございます。
前走がちょっと疲れを感じさせる内容だったので、じっくりと間隔をあけて、坂路で丹念に乗りこまれた効果が大きかったと思います。
斤量差もありますが、勝ちっぷりが良かったので、次走もどこまでやれるか楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折り合って終いを生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ | トップページ | 仕切り直しの1戦。引き続きデキも良好でここはチャンス☆シルクアーネスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ