2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(古馬) | トップページ | 産地馬体検査受検組ではないですが…。 »

2011年3月26日 (土)

しっかり折り合って、直線は切れ味を発揮☆オルフェーヴル

クラシックを占う意味で注目を集めるお馬さんが揃ったスプリングS。5頭がほぼ同じくらいのオッズで支持されたように大混戦でした。

勝ったのはオルフェーヴル。シンザン記念、きさらぎ賞でじっくり我慢させて、レースを覚えさせてきたことがここでようやく実を結びました。4角を回ってくる手応えでこれは勝ち負けという雰囲気でしたが、鞭が入ると反応が非常に良かったです。抜け出した後、少し内にモタれかけましたが、完勝と言えるレース内容だったと思います。後は左回りで今日のような我慢の利いた走りができるかですね。

ベルシャザールはマイナス体重でしたが、しっかりここに向けて仕上げてきたというところでしょうか。渋太く詰め寄りましたが、少し進路が狭くなったのは誤算かと。ただ、抜ける脚はなかったかと思いますが。

3着は空しくもステラロッサ(笑)。ジワジワと追い詰めましたが、今日のところは距離不足かなあ。ただ、1戦毎に良くなってきていますので、距離が延びる東京でG1が2戦行われるのなら侮れない存在に成長していくかと思います。引き続き、買って行きたいと思います。

グランプリボスは休み明けで少し気負いが見られました。その割にラスト1ハロンくらいまで見せ場十分でしたし、力は証明しました。さすがにこの結果を受けて、マイルへ方向転換するかと思います。

リベルタスは状態が本物ではなかったかと。硬さが解消できていない感じでちょっとこれではG1へ進んで行くのはどうでしょうか。リフトザウイングスはパドックでの雰囲気も良かっただけにいきなりから動けるかと思っていました。内々で嫌気を差したのかなあ。いくらなんでも負け過ぎですね。

« シルクなお馬さん(古馬) | トップページ | 産地馬体検査受検組ではないですが…。 »

競馬(POG)」カテゴリの記事

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(古馬) | トップページ | 産地馬体検査受検組ではないですが…。 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ