最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 右前に屈腱炎発症。登録抹消へ★ロードホーリー | トップページ | ようやく覚醒。ディープインパクト産駒重賞2勝目☆トーセンラー »

2011年2月 6日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.173

(京都11R)きさらぎ賞(G3)

◎トーセンラー、○オルフェーヴル、▲ウインバリアシオン、△コティリオン、×カーマイン、×メイショウナルト

個人的に好きなお馬さんが揃ったきさらぎ賞。レースの安定感などを考慮するとオルフェーヴルかなと思いますが、再度、ここはトーセンラーに期待です。「並ぶと交わしたがらない」と前走コメントされていたように、良い意味ではまだまだ子供の同馬。それでも、「ダノンバラードとトーセンラーがディープに近い」と武豊Jが評し、乗り続けているだけに、眠れる素材が目を覚ませば、器が違うかもしれません。今週の追い切りは3頭併せで、真ん中に入れるもの。闘志を出させようという試みでしょうが、そこをしっかり抜け出してきたのは進歩かと。前走に比べて、今回は攻めも丹念ですし、ビシビシとしっかり負荷を掛けられています。ここへの陣営の意欲も高いですし、しっかり結果を残したい1戦ですね。

対抗は右回りなら安定して走れるオルフェーヴル。こちらも引き続き、坂路で軽快な動きを見せていますし、瞬発力は非凡。あとは前半、折り合いに終始して、直線で届くかどうか。ウインバリアシオンも一息入った前走は良いところを見せられませんでしたが、直線大崩れなくコンマ1秒差の4着に踏ん張ったのは力の証明。まだ連勝している時の動きには劣る印象も、前走を叩いた上積みを見込める筈。今後を占い意味で試金石の1戦です。コティリオンはいかに折り合えるかが鍵。前に馬を置ける内めの枠は好都合。あとは、どこで外へ持ち出すかですね。アンカツJがどう乗りこなすか注目です。

後は、ここでは決め手不足かもしれませんが、坂路で51秒台をマークし、引き続きデキは良好なカーマイン。展開も味方し、成長を感じるメイショウナルトも差はないかと。今年のクラシックを占い意味で注目の1戦です。

(東京11R)東京新聞杯(G3)

◎ゴールスキー、○フラガラッハ、▲ダンンヨーヨー、△スマイルジャック、×シルポート、★ネオヴァンドーム

春の大一番に向けて、重賞ウイナーとなってしっかり賞金を加算したいのがゴールスキー。初めての重賞挑戦となったG1でいきなり好走しているようにまだまだこれから上を目指していける好素材です。新潟の圧勝劇からも左回りは合う筈でしょうし、ここは結果を求められる1戦かと。実績的にはダノンヨーヨーだと思いますが、ここへ万全の態勢でという感じではありません。もっと先を見据えていますし、力は認めるところも▲の評価で。2強の一角を崩すならフラガラッハかと。3連勝でOPまで駆け上がってきたようにまだまだ底を見せていません。本来の末脚勝負に徹して、どこまで弾けるか。

ここは3頭の勝負だと思いますが、実績馬スマイルジャックと連勝中のシルポートも少々押さえで。時計が課題も、東京への輸送で馬体が絞れれば、ネオヴァンドームは面白いかと思っています。

« 右前に屈腱炎発症。登録抹消へ★ロードホーリー | トップページ | ようやく覚醒。ディープインパクト産駒重賞2勝目☆トーセンラー »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 右前に屈腱炎発症。登録抹消へ★ロードホーリー | トップページ | ようやく覚醒。ディープインパクト産駒重賞2勝目☆トーセンラー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ