最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ハリアーが勝ち上がったので、追加出資を☆アカイリュウセイの09 | トップページ | ベールを脱いだロードのディープ長男ランパート。追われて渋太く2着デビュー »

2011年2月 2日 (水)

先週の愛馬の走りを振り返って+最新情報☆ロードカナロア2着

Photo_4 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

1月29日(土)京都7R・3歳500万下・混合・芝1400mに福永騎手56kgで出走。14頭立て1番人気で2枠2番からスローペースの道中を1、1、1番手と進み、直線では最内を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分22秒1、上がり34秒1。馬体重は2kg増加の482kgでした。

○安田調教助手 「内寄りの好枠を引いたのに加えて、メンバーを見渡すと自然に先頭へ立ってしまうかな・・・と。このクラスでは、余程の速い馬が出て来ないと控える競馬は難しいかも知れません。賢いタイプでペースを緩めるのには対応。ただ、再加速するには幾らか時間を要す現状です。まだ身体がデキ切っていないのが原因。坂路で好時計をマーク出来るとは言え、上を目指すには課題を多く残すのも確かでしょう。先生は他場へ。厩舎に戻ってからの状態も踏まえて今後のプランが決まると思います」

○福永J(レース後) 「スピードの違いでハナへ。最後まで交わされる流れとは違ったものの、今日は相手が悪かったですね。ただ、これで3回とも逃げる競馬。先々を見据えた場合、今のうちから控えるレースを覚えさせておきたいところでしょう。このままの形を続ければ、同じような結果を招く事に。逆に、好位から差せれば大きな強みとなるでしょう。高い能力を秘める持ち主。それたけに惜しいですね。マイル戦だと間違いなく先頭に立ってしまうはず。短い距離で経験を積んでから、徐々に延ばして行くのがベターだと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

前捌きは硬め。ダッシュ良くハナヘ。少し行きたがる感じはあったが、ペースとしては楽。直線に向いて、スッと突き放し、逃げ込み態勢。この上がりで差されたのだから相手が1枚上だった。距離は短い方がいい。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走から1ハロン短縮し、自己条件で2勝目を狙ったカナロア。先週の競馬の中でも期待の大きな1戦でしたが、ラトルスネークの末脚の前に、またもや屈してしまいました。ただ、悪い内容とも言えず、今回は勝ち馬の能力を素直に褒めるべき内容だったと思います。終いも止まっている訳でもないので。カナロア自身がもっと上手な走りが出来るように好位で脚をタメて、直線で脚を伸ばす走りを覚えさせないといけません。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

+(近況)2011.2.2

レース後の両前脚に幾らかソエの症状が認められます。2月1日(火)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して春の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○安田調教師 「残念。この馬自身も伸びていましたけどね。厩舎へ戻るとソエを痛がるように。両前脚に症状が出ており、歩様にも幾らか影響が表れています。このままではレースを使うのは難しそう。治療期間に関しては、もう少し経過を観察しないと何とも言えないでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

うーん、ソエですね。走る馬の宿命とも言える症状ですが、小倉でデビューして、中山への遠征と負担も掛かったのでしょう。春競馬の復帰を目指すということで、ソエの治療と共に、心身の成長をじっくり促してもらいたいです。能力に馬体が追いついてくることを願っています。

« ハリアーが勝ち上がったので、追加出資を☆アカイリュウセイの09 | トップページ | ベールを脱いだロードのディープ長男ランパート。追われて渋太く2着デビュー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリアーが勝ち上がったので、追加出資を☆アカイリュウセイの09 | トップページ | ベールを脱いだロードのディープ長男ランパート。追われて渋太く2着デビュー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ