最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.152 | トップページ | チグハグな競馬で痛い6着敗退★ロードランパート »

2011年2月22日 (火)

現状のデキと力差の結果と言える8着★シルクメビウス

Photo シルクメビウス(牡・領家)父ステイゴールド 母チャンネルワン

東京11R フェブラリーS(G1)(ダ1,600m・16頭)8着

岩田騎手「道中は折り合いが付いていたし、スムーズに運べました。直線に向いた時はもっと弾けるかと思ったんですけどね」

領家師「前残りの競馬になってしまいましたね。前は競っている様で、そんなに競ってはいなかったですからね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方馬群。直線は外目で包まれたが、バラけてからもいつもほどの伸びは見られず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フェブラリーSに挑戦したメビウスですが、今回もG1の壁に大きく跳ね返される結果となりました。上位馬とは現状の充実度も違いますし、ここに臨む過程での仕上がり具合もヒケをとっているだけに必然の結果といえます。良い意味では落ち着いていたのかもしれませんが、急仕上げで闘志に火がつくことはなかった感じでしょうか。坂路のみでの調整も伸びを欠いた一因があるかもしれません。

この後はどういう予定か未定ですが、じっくり立て直し必要があるかと思います。G1をずっと使ってきた見えない疲れは大きいでしょうし。ここまでずっと頑張ってきてくれたメビウス。何とか再浮上してくれることを切に願っています。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.152 | トップページ | チグハグな競馬で痛い6着敗退★ロードランパート »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクメビウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.152 | トップページ | チグハグな競馬で痛い6着敗退★ロードランパート »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ