出資馬一覧

最近のコメント

« 謹賀新年 | トップページ | ここも突破すれば楽しみもキャリア1戦だけに…。☆ロードカナロア »

2011年1月 4日 (火)

引退馬を振り返る vol.1☆シルクオールディー

Photo_3 シルクオールディー(牡・昆)父マンハッタンカフェ 母クインオブオールディー

通算10戦3勝 菊花賞出走15着

札幌のデビュー戦で凡走後、フロンティアSでやや放置気味に調整されていたオールディー。年が明けて、栗東に戻ってきての再始動となりました。デビュー当時より20キロ増えて逞しさを増したオールディーは、復帰戦で上がり34秒4の末脚を披露し、素質の片鱗を見せてくれました。ただ、その後は1番人気に2回連続支持されるも、勝負どころでの反応が悪く取りこぼします。ズブイというか臆病というか。この課題は生涯、克服はできませんでしたね。5戦目でようやく勝ち上がると、昇級戦のかきつばた賞で2着と好走。良いものが徐々に芽生えてきました。秋に備えて先に一息入れて、北海道戦でへ。菊花賞の伏兵馬を多数輩出してきた芝2600を連勝します。2連勝を飾った阿寒湖特別では、ロードオブザリングとの初の我が厩舎のガチンコ勝負にもなりました。

菊花賞の伏兵候補に取り上げられて、私も淡い夢を抱いてしまっていました。ただ、コースが変わると物見が激しく、レースにならないという弱点はなかなか解決なりませんでした。

秋競馬では、神戸新聞杯→菊花賞と転戦しますが、この気性ですから通用しませんでした。3勝ともに悪く言えばローカル開催ではありますね。ただ、四位Jも良く稽古をつけてくれていましたし、古馬になって心身ともに変わったかなと思いもあります。それだけに菊花賞後の屈腱炎発症は非常に残念でした。この後は、地方競馬での復帰を模索するとのことです。ちょっと厳しいかと思いますが、頑張ってもらいたいです。

« 謹賀新年 | トップページ | ここも突破すれば楽しみもキャリア1戦だけに…。☆ロードカナロア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクオールディー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | ここも突破すれば楽しみもキャリア1戦だけに…。☆ロードカナロア »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ