2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 引退馬を振り返る vol.1☆シルクオールディー | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.169 »

2011年1月 4日 (火)

ここも突破すれば楽しみもキャリア1戦だけに…。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

1月5日(水)中山9R・ジュニアC(OP)・混合・芝1600mに蛯名騎手56kgで出走します。1月2日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に54.2-39.3-25.0-11.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。発走は14時15分です。 

○安田調教師 「1月2日(日)は坂路で終い重点。年末にビシッと追い、直前はサッと流すのは予定通りですね。相変わらず稽古の動きは上々。スケジュールに沿って順調に来られたのも何よりだと思います。あとは実戦で距離延長に如何に対応するか。適性を図る意味でも注目でしょう」

≪調教時計≫
11.01.02 助手 栗東坂良1回 54.2 39.3 25.0 11.9 馬なり余力

12月29日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.6-65.6-51.4-37.7-11.5 5分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒3追走して1秒3先着しています。また、12月31日(金)良の栗東・坂路コースで1本目に63.2-46.2-30.3-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
10.12.29 助手  栗CW良 81.6 65.6 51.4 37.7 11.5(5) 一杯 ダッシャーワン(3歳未勝利)一杯の内1秒3追走1秒3先着

10.12.31 助手 栗東坂良1回 63.2 46.2 30.3 14.9  馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
1 1 コスモソーンパーク 牡3 56 松岡正海
2 2 ボストンエンペラー 牡3 56 幸英明
3 3 コットンフィールド 牡3 56 田中博康
4 4 リルバイリル 牡3 56 柴山雄一
4 5 リバービバップ 牡3 56 吉田豊
5 6 ダークフィラメント 牡3 56 北村宏司
5 7 マイネルロガール 牡3 56 ベリー
6 8 キッズニゴウハン 牡3 56 田中勝春
6 9 デルマドゥルガー 牝3 54 クラスト
7 10 エーブポセイドーン 牡3 56 後藤浩輝
7 11 デスティニーホープ 牝3 54 吉田隼人
8 12 ロードカナロア 牡3 56 蛯名正義
8 13 ベリアル 牡3 56 内田博幸

体が引き締まってきたし、上積みは見込めます。前走もまだフワフワして走っていましたし、距離が延びても対応できませんか。(安田隆調教師)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メイクデビュー戦を圧勝したカナロアが2戦目を迎えます。相変わらず稽古の動きは抜群。頭数も13頭と手頃ですし、ここも突破してくれるようだとホント前途洋々です。

ただ、若さも目立ったデビュー戦の走りとキャリア豊富なメンバー相手に。2ハロンの距離延長+直線の坂と課題は大きいです。また、初戦は楽すぎる競馬だっただけに…。キャリア不足を露呈して惨敗もありえそうです。

まだまだパンとしていない現状でもありますし、長いこれからの競走生活。蛯名Jには、あまり負担をかけず、メリハリのある走りを覚えさせてもらいたいです。

« 引退馬を振り返る vol.1☆シルクオールディー | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.169 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引退馬を振り返る vol.1☆シルクオールディー | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.169 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ