2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ギャロップ紹介でされていました☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牝馬) »

2010年11月16日 (火)

初重賞挑戦は7着も次に繋がる競馬☆シルクフォーチュン

Photo_8 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

東京11R 武蔵野S (G3)ダ1,600m・16頭  7着[3人気]

小牧騎手「距離がちょっと長いかもしれませんね。途中でハミの掛かりが良くなり過ぎてしまいました。それにもっと内枠だったら、もう少し前に付けられたと思います。でも、いきなりの重賞でよく走っていると思いますよ。慣れてくれば、もっとやれると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

やや落ち着きを欠く。直線勝負に賭けてよく追い上げたが、この距離だと脚の使いどころが難しい。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走はカペラS(中山・12/12)へ。「直線で窮屈になったし、少し入れ込みもあったね」と藤沢則師。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初重賞挑戦となったフォーチュンですが、最終的には3番人気まで指示されていたのですね。さすがにこれまでのように上手くは行きませんでしたが、前有利の流れの中で、最速の上がりを見せてくれたのは及第点かと思います。コンマ5秒差で7着なら、初OP戦で距離延長ですしね。ただ、やはり本質は1400までの馬かと。当面はこの結果を受け止めて、1200~1400に照準を合わせて欲しいところ。

本日の馬三郎を確認すると、次走はカペラSとのこと。準オープン戦を快勝した条件だけに、この経験を生かしてもらいたいです。力の入る1戦となりそうです。

« ギャロップ紹介でされていました☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牝馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギャロップ紹介でされていました☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(2歳・牝馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ