2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走、JBCクラシックに向けて順調に調整中☆シルクメビウス | トップページ | マツクニ厩舎の期待馬ベルシャザール、メイクデビュー勝ち »

2010年10月 9日 (土)

破壊力十分の末脚はどこまで通用するか!?☆シルクフォーチュン

Photo_8 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

先週優勝しました。いつも通り控える競馬で、道中は後方2番手でレースを進めると、3コーナーから徐々に動き始め、最後の末脚に懸けました。そして直線で追われると、一頭だけケタ違いの豪脚を披露してキッチリ前を捕え、破竹の4連勝でオープン入りを果たしています。レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「この夏は厩務員がしっかりケアして調整してくれたおかげもあって、夏負けもなく、良い状態で復帰出来ました。落ち着きも出てきたし、これからもっと良くなってくる馬だと思うし、このまま順調に行ってほしいですね。次走は京都3週目の室町Sを予定していますが、厩務員があまり無理させたくないみたいなので、状態を見て使うかどうか考えたいと思います」と話しています。(10/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

準オープンで通用するか半信半疑のところもあったのですが、レース後はそれが杞憂に終わるほどのインパクトでした。後は、どこまで距離が持つかがポイントにはなりますが、フワッと追走できているので、悪くても、もう1ハロンは辛抱してくれるかと…。

厩務員さん、稽古をいつもつけてくれている田島裕Jと丹念にケアしてもらっているのは、ホント有り難いです。フォーチュンも落ち着きが出て、折り合いもつくようになってきましたし、成長を感じます。まだ上を目指していけそうなので、1歩1歩、階段を上って行って欲しいです。

« 次走、JBCクラシックに向けて順調に調整中☆シルクメビウス | トップページ | マツクニ厩舎の期待馬ベルシャザール、メイクデビュー勝ち »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走、JBCクラシックに向けて順調に調整中☆シルクメビウス | トップページ | マツクニ厩舎の期待馬ベルシャザール、メイクデビュー勝ち »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ