最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 破壊力十分の末脚はどこまで通用するか!?☆シルクフォーチュン | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.152 »

2010年10月11日 (月)

ペルーサ痛恨の出遅れ。3歳馬のワンツー決着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ペルーサはダービーを思い出させるような出遅れでした。アンカツJは無茶はせずに、直線を迎えるまでジッと我慢して、外から脚を伸ばしましたが…。さすがに5着までが精一杯でしたね。この悪癖は今後に嫌な影をさします。

レースは、3歳馬のワンツー決着となりました。改めて3歳世代のレベルの高さを見せ付けました。ただ、道悪の適性もあったかと思いますし、ガラッと空いた内をつけました。1ハロン延びて、厳しい流れになる天皇賞・秋では、この結果を額面どおりに受け取れないかなあとは思います。鞍上が誰になるのか気になりますが、ブエナビスタが主役となるのかな。

« 破壊力十分の末脚はどこまで通用するか!?☆シルクフォーチュン | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.152 »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 破壊力十分の末脚はどこまで通用するか!?☆シルクフォーチュン | トップページ | 焼魚定食のまんぷく予想 vol.152 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ