2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.153 | トップページ | 帝王賞除外の鬱憤を晴らす舞台へ☆シルクメビウス »

2010年10月18日 (月)

差しに徹してG1で5着。改めて性能を認識☆レディアルバローザ

Photo_2 レディアルバローザ(牝・池江郎)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

10月17日(日)京都11R・秋華賞(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝2000mに幸騎手55kgで出走。18頭立て15番人気で1枠1番から平均ペースの道中を7、8、8、10番手と進み、直線では最内を通って0秒3差の5着でした。馬場は良。タイム1分58秒7、上がり34秒3。馬体重は12kg減少の474kgでした。

○幸騎手 「あまり気分良く行き過ぎると、終いが甘くなるから・・・との話。前回の内容も踏まえ、序盤は幾らか控え目に・・・と指示を受けてレースに臨みました。また、最内枠からのスタート。馬群を捌き切れないリスクは背負うものの、勝負を賭けて埒沿いをピッタリ回って来ました。3、4コーナーでゴチャ付いた際に幾らかハミを噛んだとは言え、それ以外は概ねスムーズ。追ってからの反応も前走とは全く違いましたね。休み明けを使われて具合が上向いていた印象。身体がキッチリ絞れていたのも良かったでしょう。今日の様子なら2000mでも大丈夫そう。道中で我慢する競馬を経験できたのも、今後に必ずや役立つはずですよ」

○池江調教師 「このレースに出られる機会は今回だけ。出走枠に入れたのは幸運でしょう。大舞台へ臨むのに相応しい調教を消化。良い状態で送り込めたと思います。2度目の騎乗で、ジョッキーが上手に誘導。馬も本当に頑張ってくれました。厩舎へ戻って具合を確認。その上で今後のプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 7 15 アパパネ 牝3 55.0 蛯名 1.58.4   34.1 国枝
2 5 10 アニメイトバイオ 牝3 55.0 後藤浩 1.58.5 3/4 34.0
3 2 4 アプリコットフィズ 牝3 55.0 武豊 1.58.6 1/2 34.4 小島太
4 8 17 ワイルドラズベリー 牝3 55.0 池添 1.58.7 クビ 34.2 中尾秀
5 1 1 レディアルバローザ 牝3 55.0 1.58.7 クビ 34.3 池江郎

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

12キロ減でも細い感じはしなかった。ジワッと行かせて好位の内。3着馬の後ろを流れに乗って手応え良く追走。直線も狭い最内を突いてジワジワ伸びた。まったくロスのない競馬が出来た。(B誌)

ローズSで馬体をふっくらと造っていたので、体重減でも細く見せない。中団よりやや前の位置につける。終始、内めで我慢。直線はバラけてからしぶとく伸びる。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

抽選で秋華賞の出走のキップを手中にしたアルバローザ。相変わらずゲートの出は良く、ハナに立ちそうな勢いでしたが、ここでしっかり我慢して、今回は中団に構えての競馬でした。結構、内でプレッシャーのかかる位置取りだったかと思いますが、萎えることなく追走できました。この辺りは、血統というか同馬の素質かなと思います。直線は、前を行くアグネスワルツを最内から捕らえにかかります。一瞬、やったかという脚色も外の馬が違っていましたね。直線平坦の京都コースもあって、アルバローザもしっかり脚を伸ばしてくれましたが、上位とはやはり決め手の差と距離の適性の差でしょうか。それでもアパパネとの差をコンマ3秒まで迫ってくれたのは、今後に明るい材料です。

今回はビッシリ仕上げたので、この後は一旦、グリーンウッドに出されて、再調整されるかと思います。今回で距離のメドも立ちましたが、やはりベストは1400~1600あたりかと思います。準オープンからまた1歩1歩、階段を上っていって欲しいです。

勝ったアパパネは強いですね。京都芝2000は外枠は不利かと思いますが、外めを回ってきて4角大外。そこから突き抜けるのですから、力が頭ひとつ、ふたつ抜けていたという結果です。この後はやはりエリザベス女王杯へとなるのでしょうね。個人的にはマイラーかと思うので、牡馬&古馬相手のマイルCSでどういう走りをしてくれるか見てみたいですが。

アルバローザがしっかり実力を発揮して、上位馬と差のない走りをしてくれたのは、ホント嬉しい限りです。

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.153 | トップページ | 帝王賞除外の鬱憤を晴らす舞台へ☆シルクメビウス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

アルバローザ、一瞬「きた!!」ってホントに思いました。
惜しかったですね。母系のポテンシャルは相当高そうですね。

ロードのパンフレットきました~♪
ワンフォーローズ09、アルバローザの活躍と、ディープと角居で、ロード久々の先行受付中の即満がありそうな気がしています(^_^;)

アルバローザ5着に涙してしまいました
出資馬の活躍がこんなに感動するものとは・・・
自己条件に戻っての賞金加算になると思いますが
目標を打倒アパパネにしてもいいのかななんて
また夢を追いかけてしまいそうです
OPになるにはまだ難関があるでしょうが信じて応援して行きます

うりぼ~さん、こんにちは
アルバローザ、一瞬伸びかけて、夢を見たのですが…。上位馬はそれぞれ強かったです。それでも改めてアルバローザの力を見せてくれて、これからが更に楽しみになりました。

私のところにもロードのパンフレットが届きました。ワンフォーローズの09かレディバラードの09が先行受付で満口ありそうですね。特に後者は、全兄が大評判ですし、この馬自身も凄いデキか。私もクラシックを夢見て出資したいと思います。

のんきさん、こんにちは
現地観戦お疲れ様でした。私は仕事だったのですが、目の前のG1戦で愛馬が激走してくれるのは感動ものですね。改めてアルバローザの力を再認識させられました。
適距離でレースを使っていけば、まだまだ上を目指せるお馬さんだと思います。まずは今回の激走の疲れをしっかり癒してもらいたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のまんぷく予想 vol.153 | トップページ | 帝王賞除外の鬱憤を晴らす舞台へ☆シルクメビウス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ