2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 待ってました!9月22日栗東・安田隆厩舎へ☆ロードカナロア | トップページ | 3勝を挙げている阪神の舞台。前走のような控えて末を生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ »

2010年9月19日 (日)

今年の“伝説の新馬戦”候補 vol.1☆リフトザウイングスvsヴィジャイ

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
1 1 レッドジュバ 牡2 54 高橋亮
2 2 ビップセレブアイ 牡2 54 柴田善臣
3 3 タガノマルシェ 牡2 53☆ 松山弘平
4 4 リフトザウイングス 牡2 54 蛯名正義
5 5 サトノパンサー 牡2 54 和田竜二
5 6 ヒミノキンカメ 牡2 54 浜中俊
6 7 メトログリペン 牡2 54 金折知則
6 8 ヴィジャイ 牡2 54 安藤勝己
7 9 ヴァレノーヴァ 牝2 54 内田博幸
7 10 レッドデイヴィス セ2 54 川田将雅
8 11 エリモロワイヤル 牡2 54 佐藤哲三
8 12 テンシノイツル 牡2 54 中村将之

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

間違いなく今年の新馬戦では1番メンバーが揃った1戦となりました。もう少しヴィジャイが高く評価されるかなと思っていましたが、現状の仕上がり、完成度で1歩リフトザウイングスが前を進んでいるようです。

ただ、ここは他にも非凡な能力を秘めるお馬さんが揃いました。列挙しますと、ビップセレブアイ、サトノパンサー、紅一点ヴァレノーヴァ、レッドデイヴィス。稽古の動きはそれぞれに胸を張ることが出来るものです。特に、ビップセレブアイはどれくらい走るのか個人的に注目しています。

まず、ここを勝ったお馬さんは、2歳戦から牡馬クラシックを引っ張っていく1頭に名乗りを挙げるはずです。この時期の芝1800は、上がり勝負になろうかと思いますが、どういうような結果となるか、今からワクワクしてきます。

« 待ってました!9月22日栗東・安田隆厩舎へ☆ロードカナロア | トップページ | 3勝を挙げている阪神の舞台。前走のような控えて末を生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ »

競馬(POG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 待ってました!9月22日栗東・安田隆厩舎へ☆ロードカナロア | トップページ | 3勝を挙げている阪神の舞台。前走のような控えて末を生かす競馬でどこまで☆レディアルバローザ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ