最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 神戸新聞杯は自重。来週の自己条件へ☆ロードオブザリング | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.136 »

2010年9月24日 (金)

楽しみな復帰戦は来週へ。アンカツを鞍上に迎えて☆シルクフォーチュン

Photo_3 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

CWコースでキャンターの調整で、23日に時計を出しています。調教師は「やればかなり時計が出る馬だから、追い切りは終い重点でやる様に指示しましたが、上手く指示通りの時計で上がってきました。厩舎でじっくり調整していたので、覇気があってとても良い状態で使えると思います。昇級戦になりますが、このクラスでも十分通用するレベルだと思っているので、後は鞍上に任すだけですね。除外の場合は、来週の中山・中山オータムプレミアムに安藤勝己騎手で向かう予定にしています」と話しており、今週土曜日の阪神・大阪スポーツ杯に出走を予定していましたが、除外となっています。(9/23近況)

田島裕 23CW稍 82.0- 66.6- 51.8- 38.5- 12.3 直強目余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

◎シルクフォーチュンについて、藤沢則雄調教師

これまで前走のVTRは何度か見ましたが本当に気持ちのいい頼もしいいい脚を使ってくれました。直線坂の無い京都ならともかく坂のある阪神でそれを上回る脚を使うのですから、私自身驚いています。今回のレースに向けては1か月前から15-15を始めて徐々にペースを上げて先週テンから強めの調教をやり、今週はラストに重点を置いた調教で徐々にラップが速くなる理想通りの追い切りが出来ました。追い込み一辺倒の馬なので、これまでのレース内容から考えて1400㍍は十分対応できると思います。(ラジオNIKKEI・webサイト)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

条件馬ながら、ラジオNIKKEIでも取り上げられるほどの馬に成長したフォーチュン。藤沢則調教師も、何度か前走のVTRを見直してくれるほど酔いしれてくれたのでしょうか。今週も稽古はいつものように田島裕Jが手綱を取って。先週は全体の時計が速くなってしまい、少し上がりがかかりましたが、今週はうまく折り合いもついて、終いを少し伸ばす形で良い動きを見せてくれました。毎週、丹念に乗られてきた効果だと思います。

ただ、残念ながら、今週は抽選で除外となりました。

昇級戦で連勝してきた距離よりも1ハロン延長。ダノンカモン、マルカベンチャーなど上のクラスでも通用しそうな馬を相手にしないといけなかったですから、この除外は却って良かったかと思います。そして、次の手も打っていたのはビックリしました。アンカツJが愛馬に乗ってくれるのは初めてです。次走だけのコンビで小牧Jに戻るのが有力かと思いますが、どういう乗り方を見せてくれるか非常に楽しみです。

« 神戸新聞杯は自重。来週の自己条件へ☆ロードオブザリング | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.136 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸新聞杯は自重。来週の自己条件へ☆ロードオブザリング | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.136 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ