最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 本日、栗東に戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 楽しみな復帰戦は来週へ。アンカツを鞍上に迎えて☆シルクフォーチュン »

2010年9月24日 (金)

神戸新聞杯は自重。来週の自己条件へ☆ロードオブザリング

Photo_2 ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

体調、条件、出走状況等を踏まえた上で今週の出走を回避しました。9月22日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.4-44.1-29.4-14.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、9月23日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで6ハロン82.7-66.9-52.4-38.6-12.2 9分所を稍一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒4先行して同時入線。短評は「脚いろ見劣る」でした。目標を切り替えて10月3日(日)阪神・兵庫特別・混合・芝2400mに予定しています。

○笹田調教師 「9月23日(木)はポリトラックで。軽く気合いを付ける内容でした。変わり無く順調。態勢は整っていますよ。しかし、やはりメンバーが強力。次週の自己条件で3勝目を狙いに行くのがベターかも知れません。中山でGⅠレースが催されるのと同日。新たに騎手を探さないと・・・」

≪調教時計≫
10.09.23 助手 栗東P良  82.7 66.9 52.4 38.6 12.2(9) 稍一杯追う マストハブ(3歳1000万)馬なりの外0秒4先行同入

9月26日(日)阪神・神戸新聞杯(GⅡ)・国際・芝2400mに予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位10番目、同順位5頭で出走可能です。体調、条件、出走状況等を踏まえて回避する可能性もあります。なお、騎手は未定です。9月22日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.4-44.1-29.4-14.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。9月23日(木)に追い切りを行なう予定です。

○笹田調教師 「出走プランに関して、引き続き検討を重ねている段階。ただ、どうしても中山への長距離輸送は気掛かりです。候補は今週もしくは来週の阪神。投票直前まで慎重に考えたいと思います。9月22日(水)はサッと走らせた程度。明日23日(木)に追い切りましょう」

≪調教時計≫
10.09.22 助手 栗東坂良1回 60.4 44.1 29.4 14.7  馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

神戸新聞杯の出走を視野に入れていたロードオブザリングですが、ここは僚馬のマストハブに任せて、来週の自己条件に回ることとなりました。ひと叩きして、この馬なりの動きは見せてくれていましたが、ビシッと追われていない点を考えると、馬体の回復度ももう少しということでしょうね。

3勝を挙げれば、何とか菊花賞へ滑り込める可能性も出てきます。笹田師も菊花賞への意欲はあるようなので、このようなレース選択になったかと思います。

次走はG1の裏開催となるので、ジョッキーも未定に。何となくですが、笹田師は、神戸新聞杯は最初からマストハブかリングのどちらか1頭の出走を予定していたと思います。そして、どちらが出走となっても、鞍上は鮫島Jだったかなと。その流れを踏まえると、来週のリングの鞍上は鮫島Jが有力かもしれません。ただ、武豊JがスプリンターズSで手綱を取りそうな馬がいないんですよね。53キロなら十分乗れるでしょうし、北海道以来の未勝利戦でコンビが予定されてもいました。半年たって、コンビ結成があるかも。

とにかく心臓の数値が良く、厩舎サイドもゆくゆくは長距離で台頭してくる馬という認識を持ってくれています。少し成長が物足りないというか遅れているのが歯がゆいですが、長い目でしっかり応援していきたいお馬さんです。

« 本日、栗東に戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 楽しみな復帰戦は来週へ。アンカツを鞍上に迎えて☆シルクフォーチュン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

武豊Jは凱旋門賞ですね。失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日、栗東に戻ってきます☆シルクメビウス | トップページ | 楽しみな復帰戦は来週へ。アンカツを鞍上に迎えて☆シルクフォーチュン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ