最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 能力と気持ちが噛み合わず★シルクルーパス13着 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

2010年6月28日 (月)

戴冠フェスタ。ブエナビスタを競り落とす☆宝塚記念

馬   名 性年 斤量 騎手 タイム 着差 後3F 厩 舎
1 8 17 ナカヤマフェスタ 牡4 58.0 柴田善 2.13.0   35.8 二ノ宮
2 4 8 ブエナビスタ 牝4 56.0 横山典 2.13.1 1/2 36.3 松田博
3 1 2 アーネストリー 牡5 58.0 佐藤哲 2.13.2 1/2 36.6 佐々晶
4 8 18 ドリームジャーニー 牡6 58.0 池添 2.13.3 1/2 35.9 池江寿
5 2 3 ネヴァブション 牡7 58.0 後藤浩 2.13.5 1 36.4 伊藤正

正攻法で競馬を進めたアーネストリーとブエナビスタが激しい叩きあいを演じる中、外からナカヤマフェスタが強襲。見事に捕らえきって、G1勝利となりました。おめでとうございます。前走のメトロポリタンSは強かったですが、ここでも好走するとは思ってもいませんでした。栗東に入厩も菊花賞の結果を踏まえると、良かったようですね。他の4歳牡馬が惨敗する中で、1頭奮起しましたね。ステイゴールド産駒はやっぱ良いですねえ。

ブエナビスタは、少し交わすと力を抜いてしまう稽古の癖が、レースでも垣間見えた感じですね。牡馬相手に56キロで非常に頑張ってはいませんが。

アーネストリーは、ここでこのようなレースが出来たのは収穫。まだまだ強くなっていく馬だと思います。順調に進めていってもらいたいものです。

ドリームジャーニーも力を証明しました。ただ、足元が完全に解消していなかったのがもうひと伸びに欠いた原因かなと。スタートの後手も少し響いたかな。

« 能力と気持ちが噛み合わず★シルクルーパス13着 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能力と気持ちが噛み合わず★シルクルーパス13着 | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ